パリへと向かう飛行機の中で。旅しながら月2300万の自動化を達成したので最近の想いとか書いてみる

こんにちは、てらけんです。

 

このブログは今、パリへと向かう上空、
飛行機の中で書いています。

 

僕はお先真っ暗の状態からPC1台で起業し、
最近は月2300万を超えました。

Zoomや説明会や対面営業なし
社員もゼロで、オフィスすらありません

というかもはやここ2年は家もないので
実質ホームレスです。

 

つい先月くらいまでは日本を横断していまして、

北は北海道、南は沖縄(石垣島)まで、

各地で名産物を食べたり
初めましての出会いを楽しんだりしつつ、

起業家として一応会社も経営している…
という感じです。

(全てオンラインなので
あまり経営してる感はありませんが…)

 


 

日本全土へ旅をしながら
複数のオンライン事業を構築し、

今回、国内に飽きたこともあり
久々に海外へと向かっていまして、

今ちょうど、
パリへと向かう飛行機の中で
これを執筆しています。

 

シンプルに、東京⇄地方各地を旅する生活に
多少のマンネリ感を覚えてきたのもありますが、他にも、

・ヨーロッパを周りながら
広告用の動画を撮影したい

・最近芸術を勉強中なので
ルーブル美術館に行きたい

・日本と海外のディズニーを比べたい

・親孝行をしたい
(今回、家族と共に。旅費などは全て僕負担)

といった理由から、
急きょヨーロッパへと向かっています。

 

今のところ、2週間くらいで
フランス、イギリス、ベルギー、イタリア
あたりを周る予定です。

ホテル代だけですでに100万円以上、
事前決済をしています(笑)

 

ここ数年はコロナもあったので、
全然海外には行けていませんでした。

だから数年ぶり。

 

あと何気にヨーロッパは初ですね。

過去、マレーシア、オーストラリア、グアム、
香港、マカオ、台湾、中国、シンガポール、ハワイ

とかは行っていますが…

 

と、まぁそんな感じだけど、
今回、14時間のフライトが超暇なので、

最近想ってることや
これからについて
赤裸々に書いてみようと思います。

 

ん〜まず思うには、
会社員時代の僕今の僕を見たら
一体どう感じるだろうか…と。

 

貯金残高なんて常に10万を切っていたし、

家賃5万の川越のアパート
よく絶望していました。

 

営業ノルマはあまりにも重たいし、

上司は怖いし、

かなりの汗っかきなので
夏のスーツは暑すぎます。

 

いじめられっ子のまま大人になってしまったせいか、
一回りも歳が違う上司から
ストレス発散の道具として使われたりもしました。

 

ずっと1人だったし、
いつになったら幸せになれるんだろうと
ただ〝その時〟を待っていたんですね。

 

でも待っていても何も変わらなかったし、
誰も助けてくれなかった。

結局、自分で行動するまでは
何も変わりませんでした。

 

正直、「自動化」と聞いても
そんなのどうせ嘘でしょ…
としか思っていなかったし、

ネットビジネスで
一発逆転系のキラキラストーリーに対しても
嫌悪感しかありませんでした。

 

疑ってばかりだったし、
そのくせ、真実かどうか
検証する勇気もありませんでした

 

なんとか会社員を辞めた後も
相変わらずお金がなくて、時間もなくて、
失敗したり騙されたりで、

この先ちゃんと生きていけるのだろうか…
とずっと不安で。

 

不安だし怖いから
とにかく動き回るしかなかったんですけど、
一時期、だいぶ空回りしていたように思います。

 

最初、アフィリエイトや
コンテンツビジネスへの挑戦を始めた頃も、

まだ右も左もわからなかったので、
かなり遠回りをしたように思います。

 

それでも試行錯誤し、
100円、1000円、1万円、10万円…
と積み重ねてきました。

 

今思うと、凡人を極めてる僕が
ここまで来れたのも、

当たり前のことを当たり前にこなし、
そして縦に積み重ねてきたからだと思うのです。

 

旅をしながら月2300万
初見の人が聞いたら怪しいと感じるだろうけど、

結局いまラクができているのも、
これまで積み上げてきた資産の恩恵です。

 

100円の収益だとしても、
それを積み重ねれば1億になる。

 

つまり自分の力で100円稼げた場合、
もう1億プレイヤーへの入り口に立っている
ということ。

 

綺麗事ではなく、本当にそう思うのです。

というか自分自身がそうだったから。

 

いま僕が、
ここまで事業規模が大きくなったのも、
1億プレイヤーになったのも、
あまり実感はありません。

 

ただ縦に積み重ねてきただけなので、
いつかの日の延長として今がある感覚。

 

これから続いていく日々も、
今の積み重ねでしかないのかなと思っています。

 

逆に言えば、今のところ、
例えば僕が歌手や俳優になる可能性は
ほぼ0%だと思う。

 

でも、俳優になるための活動を
今この瞬間から積み上げていけば、
数年後、俳優になっている可能性もあるというわけです。

 

<<<一旦睡眠>>>

 

おはようございます。
普通に10時間くらい寝てました(笑)

続きを書いていきます。

 

そして最近すごく思うのは、
僕らは毎秒ごとに選択をしているということ。

何かを選び、何かを捨てています。

 

何かを積み重ねるというのも、
「積み重ねよう」という意志の元、
選択を続けた結果です。

 

「何も積み重ねず、
自分の人生と世界を呪い、
不幸の全てを周りのせいにする」

という選択を取ることもできました。

常に、その選択をすることはできたわけです。

 

同じように、いま飛行機の中で
ライティングをしていますが、

記事を書かずに読書をすることもできたし、

映画を見ることもできたし、

さっきまで普通に爆睡してたけど、
あえて寝ずに執筆しまくることもできました。

 

その選択の先に
それぞれの未来があるということ。

 

そして、選ばなかった方の道をよく想います。

それは後悔とはまた違くて。

 

例えば今の僕の姿は、
もしかしたらある種の成功なのかもしれません。

 

でも、会社員時代、
華金だ〜とか言って
同期と乾杯するビールの美味しさは
いまだに忘れないし、

あれほど骨まで染みるビールを
味わったことはもうあれ以降ありません

 

自由は手に入ったけど、
なんだか孤独を感じることも増えました。

 

友人の土日休みに合わせて
飲みに行ったり遊びに行くことも減ったからです。

 

自由と孤独は常に表裏一体のようにも思います。

 

何を選ぶということは、何かを捨てること。

 

恋人と別れた時も、

最愛の彼を失うと同時に、
新しい道(別の人と付き合う未来)が手に入りました。

 

そして新しい誰かと付き合った瞬間、同時に、
基本的にはもう世界のどこかにいる誰かと
付き合うことができない、というわけです。

 

選ぶとは捨てることで、
生きるとは得たり失ったりを繰り返すことだと
最近は思います。

 

そう思うと、僕は一体何を得て、
何を失ったんだろう…とよく考えるのです。

 

最近、フォロワー数十万人の
インフルエンサーと絡む機会があったのですが、
彼を見ていても思いました。

 

確かに地位と名声は得て、
収入も会社員の8倍はあるけど、

街を歩ければ顔がバレて、
プライベートがあまりないように思います。

 

得ているようであらゆるものを失っている。

 

それらを天秤にかけて、

「インフルエンサーにはならない」

という選択を取ることもできたわけです。

 

そしたらまた、別の何かを得て、
別の何かを失っていたでしょう。

 

と、書いているうちに
パリのシャルル・ド・ゴール国際空港に着きました。

意外と早かった…。

時差は7時間くらいかな。

 

今回、ヨーロッパに来れたのも
過去の積み重ねとビジネスのお陰
というのは間違いないですが、

同時に、ヨーロッパにしばらく滞在することで
日本で友人と過ごす時間は失っています。

 

旧友から熱海旅行にも
誘われていたんですけどね…。

 

まぁ、どうせ何を選んでも何かを失うとしたら、
もっと勇気を持って選んでいきたいし、
選択・決断に胸を張りたい、と思います。

 

そして30代、40代、50代に向けて、
今やれることをコツコツとやっていく。

 

瞬間の堆積が今であり、
今の積み重ねが未来になるなら、
瞬間から変えていくしかないです。

 

今では僕の発信を見てくれる人も
メルマガだけで8000人を超えてしまいました。

 

カッコよく生きていきたいものです…。

ではでは!

 

p.s

「起業して成功した結果、
全てのモノが手に入りました」

と言ってる人もいるけど、
わりとだと思っています。

 

何かを得た結果、何かを失っているので。

全てのモノを手に入れるのは構造的に難しい。

 

じゃあ、自分が本当に欲しいものは何で、
そのために何を捨てられるか?

と考えていくのが大事かと思うのです。

 

僕も今、初心にかえって、
本当に欲しいもの・本当に欲しかったもの
見つめ直しています。

 

人生は旅であり、100年の思い出作りです。

 

どうせ一回きりなら、
たとえ色鮮やなものじゃないにしても、
自分が想い描く幸せなライフにしたいものですね。

1日で500部売れた人気の電子書籍が読めます

僕は24歳の時から月収で100万以上を継続的に稼いでます。

環境や才能に恵まれたわけでもないです。


もともといじめと暴力ばかりの日々で、
セクシャリティにも悩み、
ドン底で何一つの自信もありませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会い、
正しい方向性で少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
簡単に人生を逆転することができました。


ビジネスを学ぶ過程では、
コンテンツを作る方法や
価値を届ける方法など、
普通じゃ学べないことを知ることができました。


環境や才能に恵まれなかったとしても、
正しく学んで正しく実践すれば
だれでも活躍できると確信しています。


そして同じような人が増えることで
日本はもっと活気が溢れて
いい国になるんじゃないかと
本気で思ってます。


そういった理念から、
僕がどんな風にビジネスに取り組み、
まっさらな状態から今の資産を築き上げ、
お金・時間・場所・人に縛られない生活を手に入れたか、

そのリアルな軌跡と成功体験を
一つの書籍にまとめてみました。


この電子書籍は
過去にSNSにて
1日で500部売れた人気の作品です。

現在、もう販売は停止し、
メルマガのなか限定で公開しています。


ストーリー形式のため
だいたい20分ぐらいでサクッと読めるので、
ぜひ興味があれば読んでみてください。


電子書籍「SNS起業の教典」を読んでみる


メアドを入力すると受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 個のコメント

  • てらけんさんが言うとなんか刺さりますね。
    何かを得ることは何かを捨てること。
    何かを捨てないと何かを得られない。
    何かを得たら何かを失う。
    失う事に臆病にならず、得ることに集中したです。
    自分なりにアレンジ(蛇足かも)してしまいました。

    似たようなことは昔から言われていますが、なんだろう、この刺さる感じ。

    ヨーロッパいいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    上の計算式の答えを入力してください