インターネットビジネスで億単位を収益化した後の世界(Love&Peace)

こんにちは、てらけんです。

 

僕は国内外を旅しながら
コンテンツビジネスやアパレルで
年1億以上を自動化しています。

 

いま深夜です。

飲みの帰り。

 

ふと思うことがあって、
忘れないうちに書き記しております。

 

結論、最終的にはLove&Peaceでは???という話。

 

相変わらず何を言ってんねん、
と思うかもしれない。

 

でも結構本気でいま書いています。

 

なんか、ほんと、
いろいろな国に渡航してきました。

 

まぁまぁ若いわりには
もう20か国とかそれ以上とか?
訪問してきたと思います。

 

円高とか円安とか関係ない。

 

心のセンサーに従って
自由気ままに動いてきました。

 

このまえ、エジプトに行ってきて。

 

ラクダに乗ってサハラ砂漠を移動してるとき、
後ろからずっと
女の子がついてきたんですよね。

 

「Give me money」
と小さな声でずーっと言い続けてる。

 

普通は無視すると思います。

観光ガイドブックにもそう書いてある。

 

エジプト人はしつこい人種だし
絶対に勧誘に乗ってはいけない、と。

 

その女の子もずーっとついてきて、

本当にこれ、マジで???
こんなについてくるの???

というレベルでした。

 

何歳だろう。

まだ小さい女の子。

 

僕は最終的に
ポケットに入っていた
小銭を渡しました。

 

そしたらパァーッと笑顔を見せてくれて、
「Thank you」
とありがたそうに言いながら
帰っていきました。

 

ほか、屋台で肉を買いすぎてしまって、
というかボラれてしまって、

まぁこんな量は食い切れないし
もう誰かにあげちゃおうと思い、

道端のお母さんと子供に
ほぼ全てあげました。

めちゃくちゃ笑顔で喜んでくれて。

 

それから、

エジプトでタクシーに乗る瞬間、

子ども2人がドアに手を伸ばし、

「money、money」と連呼してきます。

 

僕はその時、

日本円で1000円か2000円くらい?

をあげました。

 

子供2人は一瞬静止したんですよね。

 

「え?は?はい???

え、こんなにもらっていいの???

え????」

みたいな。

 

その3秒。

うん、3秒ですね、

完全に静止していた。

 

僕はその3秒に
泣きそうになってしまいました。

 

3秒後、

彼らは大袈裟に喜び、

はしゃいでどこかに走っていきました。

 

きっとその日のディナーは
豪華なものを食べれたことでしょう。

 

今なら思う。

あの時もっとお釣りとか
全部渡しちゃえばよかったな〜と。

 

なんなら1万円くらい渡していたら、
一体何秒静止していたんだろう。

 

彼らはきっと
その瞬間のことを一生忘れないと思う。

しぬ、その最後の瞬間まで。

 

そういう、色々な景色を世界で見てきました。

 

知ってます???

 

本当に貧困な国だと、
生まれたばかりの子供の手足を親が切断し、

「かわいそうな子供」

として乞食行為をさせるんですよ。

 

その方が同情を誘ってお金が集まるしね。

 

どこの国か忘れたけど、

家族が一致団結して
路上で乞食していたシーンも見ましたね。

 

子供を使う方が集まるんだと思う…。

 

なんか、そういうのを
リアルにこの目で見てきて、

ずーっと、自分には関係ないし、とか、

目の前の人を支援したところで
何も世界は変わらないし、と思ってきて。

 

でも、何度か目にしてるうちに、

「いやでも、本当に???

その瞬間、溢れるほどの
Happyが生まれるなら、
笑顔になるなら、

刹那的な支援でも寄付でも
意味はあるのでは???」

と急に思ってきたわけです。

 

偽善とか偽善じゃないとか
どうでもよくて、単純に、

「え???
こんなに笑顔になるの???
だったらやった方がよくない???」

みたいな感じで。

 

富も循環していくし、
世界経済に貢献できるし、みたいな。

 

日本でもずっとお釣りは募金してきたけど、

なんかあまり臨場感はないというか。

 

世界で、リアルにこの目で
見てきたからこそ、

募金や寄付は
少なからず意味があるんじゃないかと
思ってきました。

 

そんな時、

「あなたからの寄付を!貧しい国に!」

みたいなチラシが届きまして。

 

いつもならスルーだけど、

子供たちの笑顔が脳裏をよぎります。

 

あぁ、あの時に3秒静止
してしまった子供たちは今元気かな、

もうあの数千円は使い切ってしまったよな、

なんて思います。

 

元気かな、元気にしてるといいな、
でもそんな元気じゃないよなぁとか。

 

あまりアンテナを張ってなかったけど、

3,000円で 子どものマラリア治療40回分
5,000円で 肺炎などの治療用抗生物質990錠分
10,000円で 栄養治療食280食分
30,000円で はしかワクチン660回分

とか、とんでもないレベルで
世界貢献できるっぽい。

 

シャンパン1本入れて20万とかさ、

まぁそれはそれで
もちろんOKなんだけど、

でもその20万で
救える命が
何人もいるよねって思って。

 

そういう世界平和、

つまりLove&Peace的な生き方を
もっと僕はしていくべきでは???

と急に思いまして。

 

そこで、なんとなくノリで、
ドカンと支援をしてみました。

 

いろいろ調べたら
里親(スポンサー)制度とかもあるのね。

 

年間3〜5万くらいを払うことで、

子供が18歳まで
教育を受けながら生きていける、

みたいな。

 

それって本当に素晴らしいことだと思う。

 

なんか、
言うだけ言ってやらないって
結構カッコ悪くて。

 

例えば、僕は海が好きで、

海に何度も救われていて、

そんな海が汚れて
生態系が壊れていくのが
ちょっぴり嫌で、

だから海ゴミの再生事業に出資して、

いま共同オーナーを
やらせてもらっていまして。

 

沖縄の古宇利島のショップを起点に、
これから世界中に
工房が広がっていくわけです。

 

どんどん海が綺麗になって、
生態系が守られていく。

 

Love&Peaceだなぁ
という感じだと思います。

 

海も綺麗になっていく方が
人類的にもHappyだし、

教育も医療も受けられない子供の命が
1人でも救えたらそれもHappyだし、

戦争はなるべくなら
ない方がHappyだし、という。

 

そんなの偽善じゃんって
ずっと思ってきたけど、

実際に海ゴミ再生事業に投資して
関わっている中で、

本気で世界平和を叶えようと動いている
マザーテレサみたいな50代を前にして、

価値観が少しずつ変わってきて。

 

結局、僕らひとりのアクションで
そんな世界は大きく変わらないけど、

泣いてる人を笑顔にできたら
僕らもHappyじゃない?
とは思うんです。

 

だから僕もなんか気分とノリで
色々それっぽいことを
今後もっとやっていけたらと思っています。

 

「寄付を!!!」
「支援を!!!」

みたいな感じではありません、

 

今のところ、

「気分とノリで色々それっぽいことを」

のレベルです、まだ。

 

でもそれって結構意味があると思う。

 

そんな感じで、

読者の1人でも多くの人が
意識を持ってくれたら

世界ってじわじわいい方向に
変わっていくのかもしれない。

 

インターネットビジネスで
億単位を収益化した後の世界として、

自己実現に走ったり、

実業にトライしたり、

投資家になったり、

まぁ色々とあります。

 

僕もほぼ全てに手をつけつつ、
今もなお前線を走り続けています。

 

そして最終的には
Love&Peaceに
なっていくんだと思います。

 

人生、世界、宇宙、
最後はLove&Peaceしか
残らないまである。

 

いつかお会いした遠い国の君たちへ。

 

次また会う時があれば
笑っていてくれよ、
そして今度はともだちになろうね。

1日で500部売れた人気の電子書籍が読めます

僕は24歳の時から月収で100万以上を継続的に稼いでます。

環境や才能に恵まれたわけでもないです。


もともといじめと暴力ばかりの日々で、
セクシャリティにも悩み、
ドン底で何一つの自信もありませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会い、
正しい方向性で少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
簡単に人生を逆転することができました。


ビジネスを学ぶ過程では、
コンテンツを作る方法や
価値を届ける方法など、
普通じゃ学べないことを知ることができました。


環境や才能に恵まれなかったとしても、
正しく学んで正しく実践すれば
だれでも活躍できると確信しています。


そして同じような人が増えることで
日本はもっと活気が溢れて
いい国になるんじゃないかと
本気で思ってます。


そういった理念から、
僕がどんな風にビジネスに取り組み、
まっさらな状態から今の資産を築き上げ、
お金・時間・場所・人に縛られない生活を手に入れたか、

そのリアルな軌跡と成功体験を
一つの書籍にまとめてみました。


この電子書籍は
過去にSNSにて
1日で500部売れた人気の作品です。

現在、もう販売は停止し、
メルマガのなか限定で公開しています。


ストーリー形式のため
だいたい20分ぐらいでサクッと読めるので、
ぜひ興味があれば読んでみてください。


電子書籍「SNS起業の教典」を読んでみる


メアドを入力すると受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

5 件のコメント

  • 寄付、救い…

    なんと言うか…自己防衛システム作動しますね。

    食えないわけでなし。マーケティングかなんかで、気部屋中、不要なものだらけになっとる…

    1000円の笑顔☺️!

  • 読んでて何だか嬉しくなりました。
    私もUNHCRで毎月二千円カードの自動引き落としで寄付しています。生活もあるので、二千円。でも、なんかどこかの誰かの役に立てているなら嬉しいし、寄付ができるというのはありがたいことだと思って。
    もともとボランティアとか、寄付とか嫌いでした。
    本当に困ってるとこへはいかないんでしよ?とか思ったし、私は忙しいからとか、私が寄付してほしいわとか思ってたなぁ。でも、今は今の自分が好きだし、いつかもっと増やせたらなと思っています(^-^)500円でも1000円でも、できる範囲で行うことで、こんなにも自分の心が豊かになるんだなと本当に思っています。
    与えることができる幸せ。なんて贅沢なんだろうね!

  • てらけん先生 

    いつも お世話になっております 
    今日の記事は 泣けました〜 

    私も 旅行大大大好きで 多分 80カ国位は行った事あります 

    米国は 50州位回ったり 
    世界一周クルーズでは 半年で 40カ国 60都市くらい 訪れましたが 

    そんなのは 本当に 世界のほんの一握りまでもいかないくらい 

    世界地図に マジックで 200〜300の 点をつけた程度にしか 過ぎず まだまだ 見ていないところばかりです

    日本の外に出るまでは 日本の本当の良さが 全くわかっていませんでした

    どれほど 日本人として 生まれた事が
    有難く 素晴らしく 恵まれて 誇り高く 奇跡に近い事であるかを…

    今 私は 自分の志として 愛と感謝の財団を創設し 

    決して枯れない愛の泉によって 人間のみならず 
    全ての生物 その他までも 
    幸福にして 

    地球を 幸せな愛の星として 後世にまで 存続させる

    という壮大なミッションがあります

    てらけん先生のように 覚醒された
    一人一人が バラバラにではなくて

    全ては ワンネスである事に気付き
    力を合わせ 共生共存の世界を実現すれば 

    世界平和も 夢ではなくて
    本来ならば 当たり前の世界であるというお話しなのです

    人類は皆兄弟 私達は 意識レベルでは
    皆繋がっていて ワンネスであるわけですから…

    私はあなた あなたは私 だとしたら…

    目の前の状況に対して あなたは 
    どんな行動をされるでしょうか?

    地球を愛の星にするために
    【人生は遊行】【宇宙のシナリオに逆らわずに生きる】等

    今 いろいろな学びを 日々
    【統合】しているところです

    てらけん先生 いつも 素敵なメッセージを
    有難うございます✨

  • 貴方みたいな人がいてくれてよかったです。偽善でもなんでも小さなところから与えてくれる人であってよかった。
    稼ぐのは、正義になります。
    海もだいじですよね。海のマイクロチップを回収するアイデアが実用化された話を聞いたことがありますが、普及するほどにはなってないのかな。
    ずっと期待してます。私は目の前の野良猫たちの世話をしながら、自分にできることをやっていきます

  • てらけんさん^ ^
    Love&Peace最高ですね

    本来なら人間は、宇宙の狂うこと無い原理原則に同調して生きる筈だったのに、逸脱してしまって
    宇宙の縮小体である地球星を、自分勝手に汚してしまいました
    しかし近年になって✨様々な業界で!てらけんさんのように成功された方々が続々と、崇高な志を持って地球環境保護や、貧困問題に関わっておられると伺っておりますm(_ _)m
    益々てらけんさんのファンになりました^ ^

    私も早く!なんとか形になって、保護される側から脱却してそちら側に行ってみたいものですね^ ^
    貴重な尊い情報を有り難うございましたm(_ _)m
    これからも^ ^モタモタしておりますが!脳梗塞を再発症しないように頑張りますので
    何卒!宜しくお願い致しますm(_ _)m
    いつも、てらけんさんの情報に感謝しております‍♀️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です