自分を守るために感情を捻じ曲げ、自己正当化してしまう僕たち

こんにちは、てらけんです。

 

僕は自分への自信が全くなく、
人のせい・親のせい・環境のせいにして
全てを呪いまくっていた人生から、

PC1台で幸せな経済自由人になった起業家です。

 

今回は(過去の)自分のために書きます。

かなり大事な話。

 

抽象度が高いので難しいかもしれませんが、
人生の転機になるかもしれないので
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

さて、僕もあなたも人間ですから、
「自己防衛」という機能があります。

 

言葉の通り、自分を守る機能です。

むしろ自己防衛しないと人間は生きていけない。

弱いですからね。

 

この自己防衛という機能が少しやっかいで、
僕らは、知らぬ間に何度も感情を捻じ曲げ、
事実を書き換えています

 

そのせいで本当の望みや、
心の声が分からなくなってる人が多い。

 

心の声とちゃんと向き合って、
欲望に対して素直に行動していくのが大事ですよ、
ということです。

 

例えば僕は、ずっと、
幸せになれないと思って生きていました。

特に10代の頃。

 

ずっとひどい状況下で生きてきたし、
恋愛で失敗したりもして、

自分なんか大切にされないし、
一般的な幸せは掴めないだろうなと思っていたんです。

 

いつからそう思うようになっていたかは分かりません。

でも気づいたら。

そして、そう思ってる間はある意味ラクだったんです。

 

「まぁ、別に自分は自分だし。
このままダラダラ生きていけばいいや」

「社会に出たら幸せとか言ってる場合でもないよな。
みんな大変なんだろうし」

「L(G)BTの世界だし、普通じゃないわけで、
別に幸せになれなくても仕方ないよな。うんうん」

 

そうやって思い込んで、
感情を捻じ曲げて、自分を正当化してきました。

それが自分の性格だった。

当たり前のようにそうしてきました。

 

でも、気づいてしまった。

ある時にふと。

「そうだ、自分は、幸せになりたかったんだ」と。

 

元々そうだったのに、
そうやって期待を込めて生きた結果
幸せになれなかったら傷つくから、

自分を守るために、
「まぁ別にいいよね、今のままでもさ」
と嘘をついていたわけです。

 

本心を隠して、嘘を塗り固めて生きてきました。

心の声を無視していたんです。ずっとずっと。

 

そしてこれは、僕に限った話ではなく、
人間なら、誰しも一度は経験があると思う。

 

もしかしたら現在進行形で、
自分を守るために感情を捻じ曲げ、
自己正当化してる人もいると思う。

 

根本にあるのは、
やっぱり、傷つきたくないわけです。

 

だって傷つくって怖いじゃないですか。

しんどいよね。

誰だってできれば傷つきたくない。

 

でも、心の声が真実。

モヤモヤするなら、それが本心ってことなんですよね。

 

リアルタイムな話ですが、
僕は、すごく大切な友人を、
僕の責任で失いかけていました。

 

それに対し、

「でも…」

「だって…」

「悪気があったわけじゃないもん…」

という言い訳の念が出ていて。

 

そんで、

「まぁ別に最悪これでバイバイになってもいいし…」

とか思っていた自分もいました。

 

でもそれってなんですよね、嘘。

 

感情を捻じ曲げて、自分を正当化してるだけ。

 

本心の本心でいうと、
僕はやっぱりその友人のことが好きだし、
これからもずっと交流していきたい。

 

でもその気持ちを全面に出した状態で接して、

「もうお前とは絡まない」

と言われたら
反動ですごく傷つくじゃないですか。

だから嘘をつく。鎧を着る。

 

連日、心のモヤモヤ、
ざわざわが止まらなかったんですね。

それが答えってこと。

 

いくら自分を正当化しても、
心がざわざわするなら、

「おい、どうした?どっちが本音なんだ?」

と向き合うべきなんですよね。

 

向き合わず、「無かったこと」にする人が多い。

 

僕もいろいろなことを
「無かったこと」にしてきました。

恥ずかしいことにね…

 

ちょっとビジネスの話を絡めると、
成功する人って、ちゃんと心の声と、本音と、
向き合っているんですね。

 

向き合って、無かったことにしない。

モヤモヤを解消すべく、ちゃんと動いています。

 

僕がブラック企業で営業マンをしていた頃、
毎日ものすごくモヤモヤしていました。

 

「人生これでいいのかな…」

「なんで嫌いな人と
夜遅くまで一緒にいなきゃいけないんだろう」

「このまま定年までここで働くの?」

「自由な時間がある上で
毎月100万くらいの収入が欲しいな…」

 

でも、それらに対し、
蓋をしてた時もありました。

そう思い始めたら、きっと止まらないから。

今の自分の環境が悲しくなるから。

 

だから、

「とはいえ、今でも幸せだし」

「まぁ最低の月給はもらえるし」

「ネットで稼いでる人達ってどうせ詐欺でしょ?」

「スタバでPCを開いてる人って
なんか意識高くて苦手…」

といった要領で、
気づいたら自分を守るために感情を捻じ曲げ、
自己正当化していたのです。

 

そんな自分に、僕は気づいた。

気づいた上で、今一度、心の声と向き合おう、と。

 

結果、PC1台で起業し、
今では毎月500万以上の自動収益を得るまでになりました。

 

前提として、僕らは弱い生き物です。

自分を守りたいし、できれば傷つきたくない。

今の生活を、感情を、否定したくない。

そういう傾向があります。

 

でも、心の声と向き合わないと、
いつまで経っても次に進めない。

欲望に素直になるって時には大事だと思うんです。

 

僕もまだまだ弱いし、
人としてカッコ悪いところばかりです。

 

これからも、
意図せずに感情を捻じ曲げたり、
自分を守ってしまうと思う。

 

でもこういった話や、
人間の傾向を知っておくだけで違うと思うんです。

まず視野が広がる。

選択肢も広がる。

願望実現に近づける。

そして人として強くなれる。

 

ぜひ少しでも今後の参考になれば幸いです。

最近人気の記事:社会的少数派や、コンプレックスの多い人間ほど成功しやすい理由

p.s

最近、実家に帰ったとき、

家族の買い物に付き合って
値札を全く見ずに
大量買いしてあげたのですが、

こんな自分でも
こういう恩返しが
できるようになってよかったなと…笑

※レシートの長さが規格外でした。店員さんごめんよ…

 

あとついでに最近食べたものも貼っておきます。

会食系が多いですね。

今回は以上です、ではでは!

1日で500部売れた人気の電子書籍が読めます

僕は24歳の時から月収で100万以上を継続的に稼いでます。

環境や才能に恵まれたわけでもないです。


もともといじめと暴力ばかりの日々で、
セクシャリティにも悩み、
ドン底で何一つの自信もありませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会い、
正しい方向性で少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
簡単に人生を逆転することができました。


ビジネスを学ぶ過程では、
コンテンツを作る方法や
価値を届ける方法など、
普通じゃ学べないことを知ることができました。


環境や才能に恵まれなかったとしても、
正しく学んで正しく実践すれば
だれでも活躍できると確信しています。


そして同じような人が増えることで
日本はもっと活気が溢れて
いい国になるんじゃないかと
本気で思ってます。


そういった理念から、
僕がどんな風にビジネスに取り組み、
まっさらな状態から今の資産を築き上げ、
お金・時間・場所・人に縛られない生活を手に入れたか、

そのリアルな軌跡と成功体験を
一つの書籍にまとめてみました。


この電子書籍は
過去にSNSにて
1日で500部売れた人気の作品です。

現在、もう販売は停止し、
メルマガのなか限定で公開しています。


ストーリー形式のため
だいたい20分ぐらいでサクッと読めるので、
ぜひ興味があれば読んでみてください。


電子書籍「SNS起業の教典」を読んでみる


メアドを入力すると受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • 自分に素直になること大事ですよね。
    まさに心の声と行動が伴っていない状態は避けたいです。今回も貴重な体験談を聞かせていただきありがとうございました

  • ありがとうございます♪
     心の底の方まで、ずず!つとはいってきました。

     正直なところ、私も
    今現在、モヤっとしてます。もがいてます。
     

    休憩時間が終わるので、次回まで、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    上の計算式の答えを入力してください