【お賽銭に1万円】アンチがしつこいので、伊勢神宮で幸せを祈ってきた

こんにちは、てらけんです。

僕はPC1台でビジネスをはじめ、
毎月数百万という収益を手にしています。

 

さて、この前、アンチからこんな嫌がらせをされました。

(ちょうどその瞬間、商品が自動で売れるという…)

※IPアドレスを特定したので、今はブロックしてます。
また、ハッカーの知人に聞いた所、身元特定できるよと言われましたが、アンチの幸せを祈りたかったのでやめました

 

ホモシネクソゴミ・・・ホモキエロクソ・・・ホモシネカス・・・

 

ひっっっどい。

わざと悪口を書いたアドレスでメルマガに登録して、
こうやってアピールしてるわけです。

 

事実、僕は同性愛者として
こうやってオープンに発信していますが、
こういう、中学生がやるような嫌がらせをされたのは初めてです。

 

お陰様で、今では口コミで
僕のことを広めてくれる人も増えてきたみたいで、
水面下で影響力がついてきました。

 

そのため、たまーに変なアンチが
突っかかってくることもあるのです。

 

そんな時、
僕はショックを受けることもなく、
怒ることもなく、
毎回、こんな気持ちを抱いていました。

 

「あぁ、かわいそうに。

どれだけ現実世界に不満があり、どれだけ愛されてない人なんだろう。

昔の僕みたいだ。どうか幸せに生きて欲しい」

 

…そして今回、もうどうせなら、
本当に祈祷してやろうと思ったわけです。

それも、日本最高聖地で。

 

===========

10月某日。

僕は起業仲間であるかむろこうた氏と一緒に、
東京・上野で作業会をしていました。

 

かむろ氏は、16歳から起業し、
民泊、清掃代行、ジム、タイアパレルなどの
実業メインで展開してきた、
一家代々のガチ経営者です。

 

インターネット領域に強い僕のことを慕ってくれて、
僕が出している独自講座にも全て参加してくれてます。

 

「ね〜かむろ〜、そういえば昨日、こんなアンチが来てさ。
執念がすごくない?笑」

 

「わ、本当だ。暇人なんでしょうね〜」

 

「なんかさ、これはネットで
誹謗中傷をしてる人全般に言えることだけど、
本当、かわいそうだよね。心から思う」

 

「そうですねぇ。
リアルの世界で満たされていないんでしょうね」

 

「うん。てか昔の僕を思い出すんだよね。まじで。
営業マン時代、仕事がつらすぎて、あと孤独すぎて、
同じようなこと少しやってた記憶がある…笑」

 

そう、後述しますが、
何を隠そう僕は、当時、完全に病んでいました。

 

現実世界に不満しかなかったし、
ストレス解消のはけ口も全然なかった。

友だちも少なくて、すごく孤独だったんです。

 

ひどい時は、ベッドの上で、
グロ動画をずーっと見ていました。

今見たら吐いてしまうレベルのグロ動画です。

 

そういうのを見て心を休めたり、
あとはTwitterにいる成功者に対して
攻撃的なリプライをしたこともあります。

 

ほんとーに、かわいそうでした。

タイムマシンがあったら昔に戻って
過去の自分を抱きしめてあげたいくらいに。

 

だから、アンチの気持ちも痛いほど分かるんです。

 

だって、現実世界で誰からも愛されず、認められず、
満たされていないからこそ、
ネットでこういうことをするわけです。

 

わかるなぁ

本当は寂しいんだよね。孤独なんだよね。

誰かにぎゅっと抱きしめて欲しいんだよね。

でもそれを声に出して言うことすらできないんだよね。

 

「かむろさ、このあと、暇だよね?」

 

「え、まぁ暇ですけど?」

 

「なんか、神社行かない?神社でお祈りしたい」

 

「へ?」

 

「この機会に、アンチの幸せを祈祷したい」

 

「www」

 

「東京で一番の神社、パワースポットって原宿の明治神宮だよね?」

 

「そうですね、明日行きます?早起きして」

 

「いや、待て。東京で一番じゃなくて、せっかくなら日本で一番の神社がよくね?

 

「となると、三重の、伊勢神宮?

 

「伊勢神宮…。まだ行ったことないや。よし、行くか」

 

「いいですけど、遠いですよ?」

 

「うん、今から行こう。
明日になって新幹線で行くとか
普通すぎてつまらないから、今日の深夜から車で行こう

 

「?!よし、行きましょう」

 

ということで、ノリで東京→伊勢神宮行きが決定しました。

しかもクルマです。

あえて非合理的なことをして、
思い出に残そうという意図がありました。

 

あと1日経つと
お互いの気分が変わる可能性があったからです。

その日のうちにGOGO。

即断即決大事です、何事も。

 

で、そのあと、

僕はプライベートの友人と上野でイタリアンを食べて、

タクシーですぐホテルに戻って、

5分でシャワーを浴びて、

22時15分、ホテルの前にかむろ氏が迎えに来てくれました。

 

目的地まで469km。到着予想時刻、4時17分。

バカです。完全にどう考えてもバカです。

 

しかも僕ら、日帰りです。

 

「日本最高聖地でアンチの幸せを祈ること」
が最大の目的なので、
それが終わったら帰るだけです。

これは旅行ではなくて、祈祷なのです。

 

道中、いろいろな話をしました。

 

僕らはTwitterで出会い、
Twitterの枠を飛び越えて交流しています。

今ではビジネスパートナーでもある。

 

出会ったのは3年前。

オフライン事業とオンライン事業。

お互い、活躍している市場が違ったからこそ、
情報交換をする際もすごく楽しいのです。

 

「このタイミングで伊勢神宮に行けるのは、本当にありがたい。
実はずっと行きたかったんだよね。

だからアンチの幸せと同時に、
自分の幸せや周りの人たちの幸せも祈ろうと思う」

 

…伊勢神宮は、日本でNo.1のパワースポットです。

「神様が集まる場所」とも言われています。

 

僕は霊感はないので、
目に見ることはできないけど、
そういう神秘的なものを全身で感じることも大事だと考えています。

 

しかもここで、奇妙なことが起こりました。

 

店舗経営をしている友人のTさんに
「ノリで伊勢神宮へ向かってる」とLINEしたら、

ちょうどその数時間前、
TさんとTさんの友人が、
僕の話+伊勢神宮の話をしていたそうです。

なぜかは分からないけど。

 

タイミングばっちり。

伊勢神宮に呼ばれてる気さえしました。

きっと大勢の神様が僕らのことを歓迎してるに違いない・・・

 

で、4時半過ぎに着いたんですけど、史上最強に雨が降っていました。

神様、ぜんぜん歓迎してなかった件。

 

もはや台風でした。

こんなに雨降る?ってレベルの降り方。

しかも東京の10倍くらい寒い。パーカーじゃ防寒になりません。

 

僕はすでに風邪をひき始めていました。

これを書いてる今、喉が痛いです。

身体を犠牲にしてまでアンチのために祈祷してきたのです。

 

さて、このままだと
参拝もできずに帰ることになるぞ…と絶望しつつ、

「寝て起きた頃には雨も上がってるんじゃね?」

という謎の理論で、爆睡することにしました。車の中で。

 

ただ、「修学旅行の寝る前」みたいなノリが発動してしまい、
30分くらい、お互いふざけあっていました。

 

霊が見えるフリをしたり、
くだらないことを言い合ったり。

 

笑いすぎて、いつの間にか寝てしまった感じです。

 

そして6時35分、目が覚めます。

晴れではなかったけど、奇跡的に雨はやんでいました。

行き当たりばったりの祈祷旅。

 

雨が降り出す前に早く済ませよう、ということで、
慌てて伊勢神宮へ移動しました。人生初です。

 

車を置いて、徒歩でテクテクと。

 

この「内宮おかげ参道」を通って
本堂に向かうようです。

 

続けてテクテク歩きます。

そして道中、おしゃれすぎるスタバに遭遇。すごい・・・

 

テクテクテクテク。

ついに…!あともう少しです。

 

もうね、とにかく木が太い。

圧倒的な太さ。

さすが最高聖地というだけであります。

 

こちらの木、樹齢700年です。

僕なんてまだ20数年しか生きてませんから、
大大大大大先輩。

ハグしてごめんなさい。

 

心なしか、少し晴れてきました。

木漏れ日が心地いい。

 

そして、ここが、メインスポットです。ここです、ここ。

ここに来てお祈りするためにわざわざ東京から来たのです。

深夜、車を走らせて。

※時間が遅いと普通に並ぶそうです

 

なんか、言葉にするのが難しいんですけど、
「我々に媚びてない感じ」
がすごく良かった。

 

もっと華やかなものをイメージしていたので
びっくりしたんです。

これが伊勢神宮か…と。

 

これ以上先は撮影一切禁止ということで、
警備員の方もいました。

 

僕らはこの階段を登り、
深呼吸をして、
1万円をお賽銭箱に投下しました。

マジで1万円です。

 

撮影禁止だったので
収録することができなかったんですけど、
実業家・かむろこうた氏が証人です。

 

1万円を投げ入れ、手と手を合わせ、
アンチの幸せ、そして同時に、
自分や周りの人の幸せを祈りました。

 

「お賽銭に1万円を入れる」って、
意味が分からないと思います。

でもこれ、真面目に、やって良かったなと。

 

なんだかスッキリしたし、
お金への執着が外れた感じがします。

 

お金は循環しているものです。

自分の懐にだけ留めている人は、
絶対にそれ以上稼げないんですよね。

これが腑に落ちると、
使うお金以上にどんどんお金が入ってきます。

 

・・・ということで、任務完了。

あとの時間はもうボーナスタイムです。

 

帰り道、伊勢名物の「赤福餅」を食べました。

これがめちゃくちゃうまい。

お土産として実家に配送しました。

 

「いや〜、もう任務完了したし、帰るか〜。
来れて良かったわ。ありがとう」

 

「こちらこそです。

あ、そういえば商売繁盛に特化した神社があるの知ってます?

岐阜にあるんですけど」

 

「え、なにそれ?」

 

「よし行きましょう」

 

ということで、ボーナスタイムの中で、
〝おちょぼさん〟の愛称で親しまれている
商売繁盛の神様がいるらしい『千代保稲荷神社』行きが決定しました。

※助手席でひたすら寝てしまいました。かむろ氏、ありがとう…

 

そして、着きました。

ノリと勢いと感覚で行動するのも
時には大事だと思うのです。

※おみくじを引いたら大凶が出やがったので2回引きました

 

帰り道、屋台やお店がズラーっと並んでいまして、
串かつが有名らしいので、頂きました。

めちゃ美味しかったです。

 

いよいよ、東京へ帰ります。

弾丸祈祷旅は、日帰りなのです。

三重か岐阜に1か月くらいいても良かったんだけどね。

 

帰り道、静岡県沼津市のサービスエリアで、
1000円ガチャに挑戦しました。

 

1100円のストラップが当たりました。

100円の儲け。

3秒でかむろ氏にあげました。

 

・・・ついに、帰還。

今回の弾丸祈祷旅、
往復12時間以上も運転してくれたかむろ氏に感謝です。

 

僕はここ2か月、移動時は電車に乗らず、
全てタクシー新幹線でした。

移動時間を効率化し、心地いい時間を買いたいからです。

 

でも、〝あえて非合理的なことをする〟
という楽しさも思い出せて良かったです。

 

みんなでワイワイしながら
電車や車で移動するあの楽しさ。

 

友だちとの大切な時間。

 

人生の幸福って、
非合理的なことにこそ詰まっている感じもしますよね。

 

と、いう感じで祈祷旅の記録は以上です。

 

ちゃんと日本最高聖地・伊勢神宮へ行って、
1万円という身銭を切ってお賽銭し、
アンチの幸せを祈ることができました。

 

現地は寒すぎて普通に風邪を引いたけど、
さっき漢方3種類、合計18錠を飲んだからきっと大丈夫です。

 

で、ここから急に真面目な話なんですけど、

僕たちって、

自分の人生に全然フォーカスできていない気がするんですよね。

 

アンチもそうで、
自分の人生・幸せにもっとフォーカスすればいいのに、
誰かにあたって、壊れそうな自分を保とうとするのです。

 

もっと自分の幸せを見つめて、
自分のために生きていけばいいのに。

本当に、昔の自分を思い出してしまうのです。

 

究極、僕が会社員、営業マンを辞めた理由の1つには、

「もっと自分の人生を生きたかったから」

というのがあります。

 

会社のために自分の身と精神を削って
生きていくことがしんどかったんですよね。

 

でも、いきなり辞めることはなかなかできない。

だから副業からスタートしました。

そして実際に辞めることができ、
今ではPC1台数千万という額を動かしています。

 

以前、仲良く交流していた某バーのオーナーがいました。

僕はその人の本質を見抜いて
今では距離を置いているのですが、

なにがダメだったかというと、

口を開くと8割は人の悪口・陰口なわけです。

 

なんで自分の人生とは一切関係ない
「嫌いな誰か」
の話を延々とできるんだろう。

 

なんで、自分の話や相手の話をしないで
「外部の話」ばかりしてるんだろうと、
不思議でたまりませんでした。

 

僕たちって、
「外部の話をしていること」
が圧倒的に多いです。

芸能人の不倫ニュースとか、誰々の結婚が〜とか。

 

そうじゃなくて、僕は、
「あなた」の話が聞きたかった。

それもうまく伝わらず、
結果、距離を置くことになったのですが。

 

なにが言いたいかというと、
もっと自分の人生と向き合って生きていこうぜ、ということです。

 

外部の話で埋めつくされている場合じゃない。

自分の人生・幸福を考え、
未来のためにいま行動できていますか?と。

 

僕は、自分と向き合って、知識を入れ、行動してきました。

ゼロからです。

弟との偏差値の差は20もあったので、
もともと頭もよくありません。

でも逃げずに、進んできたのです。ほんとそれだけ。

 

昔は、ずっと逃げていました。現実や未来から。

だって怖いんだもん。

自分の未来がある程度予想できてしまうし、いつだてって満たされないし。

 

満たされないと、矛先を外部に向けたくなります。

誰かにあたりたくなります。

責任転嫁をしたくなるのです。

 

本音でいうと幸せに生きたいだけなのに、
どうしてこんなにしんどいんだろう。

いったい自分の何が悪いんだろう。

 

でも答えを出すのが怖いので、逃げます。
逃げ続けるのです。

 

そういう思考の流れで、アンチも生まれます。

逃げ続けた先の現象として、アンチというものは発生するのです。

 

昔の僕がまさにそうでした。

だからネタ抜きで、わりと本気で幸せを祈ってます。

昔の自分に幸せを祈るのと同じ感覚です。

 

特定の誰かに対して
「不幸になってほしい」なんて、
本気で願うことはできません。

 

10代、僕はずっといじめ・暴力で苦しんできたし、
大人になってからも裏切ってきた人とかいました。

 

もちろん100%許せるか?と言われるとNOです。

ただ、一生不幸であれ、とかは思ってません。

 

みんな本当は、幸せに生きていたかったんだと思う。

でも環境や周りの人の影響とかもあり、それができなかった。

何かがキッカケで、途中からねじ曲がってしまった。

結果、誰かをいじめたり、殴ることしかできなかった。

 

だとしたら、反省はして、
今度は自分の幸せの実現のために
強く生きていってほしいと思うのです。

 

もう交流することはないと思うけど、
遠いどこかで、
勝手に幸せになってくれたらそれでいいんじゃないかなぁと。

(綺麗事かもしれないけどね)

 

というか、「誰かを許さない」という選択は、
すごくエネルギーを使うので、疲れます。

「誰かを嫌いであり続ける」のも一緒です。

 

なので、僕のことが本当に心から嫌いだ、
という人がもしいるなら、

そのエネルギーを
どうか自分のことに使ってほしいと思います。切実に。

 

・・・と、こんな感じで、
いろいろな想いを込めて、
伊勢神宮で1万円を納めてきました。

 

いつもブログやメルマガを
見てくれてる人にも感謝です。

当然、みんなの幸せも祈っておきました。

 

祈りが各所でプラスの影響
及ぼしてくれることを
願うばかりです。

 

では!

1日で500部売れた人気の電子書籍が読めます

僕は24歳の時から月収で100万以上を継続的に稼いでます。

環境や才能に恵まれたわけでもないです。


もともといじめと暴力ばかりの日々で、
セクシャリティにも悩み、
ドン底で何一つの自信もありませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会い、
正しい方向性で少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
簡単に人生を逆転することができました。


ビジネスを学ぶ過程では、
コンテンツを作る方法や
価値を届ける方法など、
普通じゃ学べないことを知ることができました。


環境や才能に恵まれなかったとしても、
正しく学んで正しく実践すれば
だれでも活躍できると確信しています。


そして同じような人が増えることで
日本はもっと活気が溢れて
いい国になるんじゃないかと
本気で思ってます。


そういった理念から、
僕がどんな風にビジネスに取り組み、
まっさらな状態から今の資産を築き上げ、
お金・時間・場所・人に縛られない生活を手に入れたか、

そのリアルな軌跡と成功体験を
一つの書籍にまとめてみました。


この電子書籍は
過去にSNSにて
1日で500部売れた人気の作品です。

現在、もう販売は停止し、
メルマガのなか限定で公開しています。


ストーリー形式のため
だいたい20分ぐらいでサクッと読めるので、
ぜひ興味があれば読んでみてください。


電子書籍「SNS起業の教典」を読んでみる


メアドを入力すると受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください