【メルマガ限定企画】VIP10名で貸切懇親会を開催してみた

どうも、てらけんです。

 

最近は月収400万を超えたり、
企業からセールスライティングの案件が増えてきたり、
新規事業の準備をしたりしてます。

 

もともとは世間を憎むような心の腐った人間で、
ビジネスに対しても「怪しい。自分にはムリ」
の一点張りでしたが、たった数年でここまで来れました。

 

どちらかといったら
「スマブラ」や「パワプロ」の方が難しかったかも。

 

さてさて、今回ですが、
はじめてオフラインでイベントを開催してみました。

数年前から僕のメルマガを読んでくれている濃い読者(たまたま半数以上が講座参加者)

セールスコピーライター(文章で飯を食ってる人)

課題通過者

の3条件を突破した人だけを集めたVIP懇親会です。

 

最近、企業から「この化粧品の販売ページを書いてください!」
みたいなセールスライティングの案件が増えてきたので、
一緒に仕事ができる右腕のライターを見つけるのが目的でした。

 

僕も初の試みでしたし、かなり学びもあったで、
当日のことを振り返りながらシェアしていこうと思います。

東京・赤坂で懇親会を開催。精鋭10名が集う

今回、僕が普段からお世話になっている
取引先の社長2人にも来てもらいました。

 

会員数28万人(全世界)を抱える
経営者組織の東京支部を仕切ってる人と、

億単位の広告をグルグル回してる人です。

 

プライベートでも仲良くさせてもらっていて、
いま一緒にお仕事をしています。

 

会場の場所は東京・赤坂。

取引先の社長のツテで、お店を貸し切ってくださいました。

 

席数は10個。

SNSや昔使っていたメルマガで募集をかけたのですが、
想像以上に殺到してしまい、
これでもかなり厳選しました。

(返信が漏れていた人がいたらごめんなさい…)

 

ただ、こういったオフラインのイベントを
主催でやるのは初だったので、
正直、「本当に集まるの…?」という感じでした。

 

飛行機を使って地方から来るという人も数名いたし、
ドタキャンが現れても仕方ないかな〜って。

 

でも、18時からスタートだったのですが、
17時55分には9人が集まり・・・

 

スタッフが名札を配り、
それぞれの席に案内します。

 

そして、無事にスタート。

 

僕のSNSやメルマガを
数年前から見てくれてたメンバーだったので、

実物を目の前にして興奮する人もいれば、
「え、意外と脂肪ついてない…?」
という反応の人もいました。

 

談笑しつつ、
まずは企画の趣旨を説明して、
そこから自己紹介タイム。

 

事前にテストライティング(課題)を設けていたので、
それぞれの自己紹介の後、
課題のフィードバックも実施。

 

そうこうしている内に料理が運ばれてきて、
こぶしサイズの牡蠣や、
絶品のステーキなどを頂きました。

最高です。

 

2時間の懇親会だったのであっという間でしたが、
今後右腕候補としていいな〜という人にも出会えたし、
それぞれ連絡先を交換したりして、実りのある会になりました。

純粋にすごく楽しかったです。

 

みんな僕のメルマガ読者なので、
感性が似てるというか、
横の繋がりもつくりやすいんだろうな〜と思いました。

やはり、集まる人って似てきますね。面白い。

 

そして、スキルやオフラインの大切さについて
改めて考えさせられました。

スキルを身につけると希少価値が高まりチャンスが増える

今回は想像以上に応募が来てしまい、
正直、すべて捌けなかったし、
返信ができてない人もいました。

 

ただ、「とにかく仲良く懇親会をやろうぜ!」
というコンセプトではなかったため、
どうしてもスキルがある人優先になります。

 

最初にメッセージを頂いた段階で
弾いてしまった人がいたのも事実。

 

「私はあなたの発信(SNS、ブログ、メルマガ)
もあまり見てないし、スキルも全然ないけど、
これから文章力を磨いて貢献していきたいと思っています!
やる気は100%です」

みたいなメッセージも複数届きました。

 

もちろんその人が優秀な可能性もあります。

でも分かりますよね?
最初の段階で弾きたくなってしまう気持ちが。

 

やはり、言葉にはその人のマインドが反映されます。

どうせなら良質なマインドを持った人と仕事がしたい。

 

それに、スキルが皆無というのは、
ものすごく機会損失なわけです。

 

例えば今回、

「何千文字、何万文字という長いライティングはできないけど、
Twitterに特化した人の心を動かすライティングなら得意です」

という人がいたとします。

 

これも立派なスキル(特化型の)なので、
もしかしたら別の形で案件を振れるかもしれない。

 

たとえば半年ほど前ですが、50ツイートで8万円
という企業の案件を受けました。

 

1ツイート1600円。
文字単価約11円。
かなり高単価です。

 

特化してても、一見ニーズがなさそうでもいいんです。

何かしらのスキルがあることで
今以上に希少価値が高まりチャンスが増えます。

 

SNS運用スキル、マーケティングスキル、
自動化スキル、セールススキル、広告運用スキル、
ライティングスキル、マインド、などなど。

 

さらに、複数のスキルがあるとさらに強い。

組み合わせることで付加価値が最大化するからです。

 

ライティングスキルだけだと
埋もれてしまうかもしれないけど、

SEOライティング
×
コピーライティング
×
セールスライティング
×
マーケティング

なら、希少価値の極みですよね。

 

つまり何が言いたいかというと、

今回みたいに
「◯◯な人いますか〜?懇親会やりましょう」
と急に応募をかけた場合、

そのスキルを持ってることで
チャンスを掴みにいけるわけです。

 

それはビジネスジャンルに限らず、
「恋愛が得意な人いますか〜?懇親会やりましょう」
みたいな切り口の場合もあるかもしれない。

 

で、なんでチャンスかというと、
完全クローズドのオフライン空間でしか話せないことや、
お得情報があるからです。

 

加えて、「横のつながり」ができます。

今回なら、参加者みんな「文章で飯を食ってる」という共通項があり、

じゃあどうやって案件を獲得してるのか?とか、
余ってる案件はないか?とか、

生の声を聞くことができるのです。

 

そこから一生のビジネスパートナーに発展することもあれば、
めちゃくちゃ仲良しになれる可能性もある。

 

そういう「場」に足を運ぶって、
目に見えない価値・リターンを含めると
ものすごい価値があるわけです。

 

僕自身、チャンスがあると思ったら
そういう場に足を運んできたし、

そこから一生モノの繋がりができたり、

億超えのプロジェクトに参画したり、
たくさんのリターンがありました。

 

いくらインターネットが発達しようとも、
いくらPC1台で青天井に稼げようとも、
リアルの場に足を運ぶって大事なことだと思います。

まぁ組み合わせが重要ですね。オンライン×オフライン

 

そして僕自身もかなり勉強になりまして、
それは、読者からこんな生の声を聞くことができたからでした・・・

読まれるメルマガ(LINE@)、読まれないメルマガ(LINE@)について

今回集まってくれたメンバーは、
昔から僕のメルマガを読んでくれてる読者だったので、
「生の声が聞きたい!」とかなり思っていました。

 

というのも、読まれるメルマガ(LINE@)と
読まれないメルマガ(LINE@)の違いって気になりません?

 

最近はLステッパーと呼ばれる
「LINE@のLステップ構築代行」
をする人も増えてきましたが、

結局は『人』が相手です。

 

いくら巧妙な分岐が作れようとも、
画面の向こう側にいる『人』の心を動かせない限り、
最後まで読まれないし商品も買われないのです。

 

今回はたまたま、半数以上が、
僕がリリースしている有料講座の参加者でした。

なので余計に、生の声を聞きたかった。

 

で、実際に聞いてみたわけです。

「どうして読んでくれてるんですか?」
「なにが好きなんですか?」と。

 

そしたら回答の9割が、

「想いが伝わる。人間味があっていい」

とのことでした。

 

「有益だからずっと読んでる」
「分析力とかすごいから」
みたいな機能的な価値じゃなかったんですよね。

 

これ、抽象度が高いので分解する必要がありまして、
僕なりに考えてみたのですが、まず、
〝理念〟があるのが大きいのかなと思いました。

理念です、理念。

 

というのも、これはすでに発信してる人、
これから発信を考えてる人全員が知っておくべき事項ですが、

「有益な情報」「ためになる情報」だけなら、
別に〝あなた〟から学ぶ必要はないのです。

むしろ自分よりすごい実績を持つ人なんて無限にいる。

 

僕も、そうです。

たしかにゼロから起業して
毎月100万超えの自動化を達成したり、
20万PVのサイトを売却したり、そういうこともしてきたけど、

世の中には、【18歳で月4000万】みたいなバケモノも普通にいます。

 

そんなバケモノと比べたら、
僕なんてまだまだミジンコなわけです。

 

で、思うのは、結局、どこまでいっても『人』なんだなと。

 

読者のために
ビジネスに関する有益な情報も
届けるように意識はしてるけど、

それ以上に僕は、

「あなたの人生に
少しでもいい影響を与えたい(学校の先生みたいなイメージ)」

「お金・時間・場所・人に縛られない
自由で強い個人を輩出したい」

という理念があります。

 

そういう発信における理念が強い想いになり、
それが言葉や声に乗っかるんだと思う。

 

だからよりファン化されて、
長期で読まれるメルマガ・LINE@になるんだなと思いました。

 

逆に読まれないメルマガ(LINE@)というのは、
理念を一切考えておらず、
とにかく有益っぽいことを配信していればばいいよね、みたいな思考パターン。

 

機能的な価値が9割で、
自分のストーリーも組み込んでおらず(共感が得られない)、
〝あなた〟から学ぶ必要もないパターン。

※僕は自分のストーリーを知ってもらうために、
こういう動画もつくっています。

 

今さらっとめちゃくちゃ大事なことを話してるけど、
抜け落ちてる人が大半だと思います。

 

もちろん人それぞれだし、
僕のこの分析が絶対的に正しいとは言えないかもしれない。

 

でも事実として、
長期にわたって読まれ続けるメディアを
いくつも運営してきたので、

ぜひ参考にできる部分は参考にしてほしいなと思います。

オフラインの繋がりって大事。今後もメルマガ限定で懇親会をやっていきたい

そして、オフラインの繋がりって
大事だなぁと改めて思いました。

コロナの流行でさらにね。

 

全てがインターネット上で
完結できてしまう世界だからこそ、あえて会う。

あえてオフラインを絡める。

 

ぶっちゃけ、
「会いたいです!」系の連絡はたくさん来るのですが、
さすがに全員とは会えない。

それに時間泥棒の人もいるので、
なかなか気が進まなかったりもします。

 

でも、今後もメルマガ限定での懇親会はやっていきたいなと。

質の低い人を弾いているので、
基本的に質の高い人ばかりだし。

 

今回みたいに
「◯◯な人いますか〜?懇親会やりましょう」
と急に応募をかける場合もあれば、

僕の有料講座に参加してくれた人だけでの懇親会もやりたいです。

 

そこで僕と出会って、
人生が少しいい方向に傾くかもしれない。

もしくは運命的な横の繋がりができたりして、
面白いことになるかもしれない。

 

結果がブラックボックス化されてるものほど、
実は生涯単位でのリターンは大きかったりします。

 

僕が会いたかった発信者にどうにか会って、
300万のコンサルを受けたときも、結果は見えてませんでした。

でも飛び込んだ結果、
想像の10倍くらいの景色がそこには広がっていた、という。

 

まだ〝今は〟会ったことがない僕とあなた。

でもいつか会う機会があるかもしれません。

その時を楽しみに、お互い歩みを止めずに進んでいきましょうね。

 

おすすめ記事:メルマガ読者が長崎で創業70年の会社経営者で、観光しながら200万のインスタ案件を受注した話

1日で500部売れた人気の電子書籍が読めます

僕は24歳の時から月収で100万以上を継続的に稼いでます。

環境や才能に恵まれたわけでもないです。


もともといじめと暴力ばかりの日々で、
セクシャリティにも悩み、
ドン底で何一つの自信もありませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会い、
正しい方向性で少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
簡単に人生を逆転することができました。


ビジネスを学ぶ過程では、
コンテンツを作る方法や
価値を届ける方法など、
普通じゃ学べないことを知ることができました。


環境や才能に恵まれなかったとしても、
正しく学んで正しく実践すれば
だれでも活躍できると確信しています。


そして同じような人が増えることで
日本はもっと活気が溢れて
いい国になるんじゃないかと
本気で思ってます。


そういった理念から、
僕がどんな風にビジネスに取り組み、
まっさらな状態から今の資産を築き上げ、
お金・時間・場所・人に縛られない生活を手に入れたか、

そのリアルな軌跡と成功体験を
一つの書籍にまとめてみました。


この電子書籍は
過去にSNSにて
1日で500部売れた人気の作品です。

現在、もう販売は停止し、
メルマガのなか限定で公開しています。


ストーリー形式のため
だいたい20分ぐらいでサクッと読めるので、
ぜひ興味があれば読んでみてください。


電子書籍「SNS起業の教典」を読んでみる


メアドを入力すると受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください