インスタグラムのマネタイズ大全【非インフルエンサーで稼ぐ戦略】

どうも、てらけんです。

 

今回はインスタグラムのマネタイズ方法について話していきます。

 

僕自身、SNSマーケティングを極め、
起業1年目から月収100万を超え、
複数の企業にTwitterやインスタなど教えてきました。

 

また、以前より交流している
副業系主婦(美人)がインスタ月収300万を超え、
最近月収1000万を超えたことも踏まえて、インスタの可能性についても熟知しています。

 

その中で見えてきたもの、と、
フォロワー数が少なくてもマネタイズする方法など。

 

先に結論からいうと、
「インフルエンサーになろう」「1万人を目指そう」という考えは危険で、
「オリジナル商品を持ち、少ない人数でも確実にマネタイズする方法」を攻略していくこと。

 

低単価大量販売より高単価少量販売の方が長期的な売上も安定し、
少ないフォロワー数でも戦えるということ。

 

これが全てです。

では続きが気になる人は読み進めてみてください。

インスタグラムのマネタイズ、種類について

インスタグラムは基本、画像のSNSです。

 

ただの「映え〜」的な画像だけをアップしていても集客できないし、
ファンは生まれません。

 

世界観、ブランディング、コンテンツの中身、文章も大事
ということをまず前提としてください。

 

その上で、マネタイズ方法について見ていきます。

広告収入

目安としてフォロワー1万人ぐらいになると、
企業から案件の相談が来たりします。

 

「弊社の化粧品○○を広告として流してくれませんか?#PRをつけてもらってOKです。1投稿○○○○○円でお願いします」的な。

 

1フォロワー1円だとして、1万人なら1投稿で1万円ぐらい。
10万人いたら1投稿10万円とか。

 

これだけで生計を立てているインスタグラマーもいるようですが、
最低でも1万フォロワーは欲しいという、結構上級者向けです。

 

なので、

「インスタグラムが稼げるらしい!まずは1万人だって!広告バコバコ取るぞ〜」

的なモチベで参入しても失敗するケースが多い。

 

ちなみに、こういったインスタグラマーを囲い、
案件を取ってきて流してあげるのがインフルエンサーマーケティングの会社です。

 

例えば成果報酬型で広告を流してもらい、
そこから出た売上の一部を中抜きする、みたいな。

 

パイプ的な動き方は得意なので、
いずれ僕もインフルエンサーマーケティングを本格的にやろうかな〜と思ったりもしてます。

インスタグラム運用代行

ある程度の影響力と実績がつくと、
それを武器にして、インスタグラムの運用代行案件を受注することができます。

 

インスタグラム内で営業してもいいし、TwitterでしてもOK。

 

僕の場合、Twitterからの営業で
月額20万ほどのインスタグラム運用代行案件を取ったりしました。

 

あとはオフラインや紹介ですね。

 

インスタグラムの可能性に目をつけている企業も多いので、
月額20万以上で普通にとれる世界です。

 

知り合いのインスタグラム運用代行会社は、
月額50万の半年縛りでやってます(笑)

 

この記事とか面白いかも↓

メルマガ読者が長崎で創業70年の会社経営者で、観光しながら200万のインスタ案件を受注した話

アフィリエイト

いい感じの他社商品を宣伝して稼ぐ方法ですね。

 

例えば普段から健康系の発信をし、
プロフィールにあるURLにアクセスを流し、
そこで健康系の他社商品を売り、マネタイズ。

1000円のものが売れたら400円GET、みたいな。

 

この手法でかなり稼いでる人も知っていますが、
フォロワー数は10万人超えです。

 

少ないフォロワー数で低単価大量販売は
ちょっと戦略としてきついかも。

 

あとインスタグラムの特性上、
Twitterとは異なり、普段の投稿内にURLを掲載することができません。

 

だからプロフィールに飛ばすしかないんですよね。

 

フォロワー数1万人を超えるとストーリーにURLを載せられますが、
この機能、廃止されるかも、なんていう噂もあったりなかったり。

 

ちなみに低単価大量販売とはいえども、
ノーリスクで始められるので、アフィリエイトは悪くないと思います。

 

ただアフィリエイトだけで月収100万、200万を毎月超えていくのは結構難しいです。

コンテンツ販売

アフィリエイトに近いけど、ちょっと違います。

 

こちらは他社商品ではなく独自商品、
そして高単価販売なケースが多い。

 

例えばダイエットに関する発信をして、

「私が90日間で7kg痩せられた運動なし・食事制限なしの驚愕ダイエット法」

みたいな独自商品を販売するとします。

 

講座形式で3万に設定したら、
1件売れるごとにほぼ100%の利益が入ってきます。

30本売れるだけで月収100万。

 

ダイレクトメッセージ機能などを使って
インスタ内で完結することもできるけど、
他のメディアに飛ばしてそっちでマネタイズすることも可能。

後者の方が稼げる額は大きくなるかな。

 

例えば僕のインスタはこれなんですけど、
少ないフォロワー数でも大きくマネタイズできちゃうんです。

 

例えば100万〜200万ぐらいのコンテンツ付きコンサルを1件売れば終わりです。
(今はもう新規でのコンサルは基本とってませんが)

インフルエンサーを目指さず、少ないフォロワー数でも戦える戦略を

インスタグラムのマネタイズの中で一番のおすすめはコンテンツ販売です。

 

しっかり価値を提供し、
自分がつくった独自商品を案内していく。

 

フォロワー数が多いと通用しないマネタイズ法は基本やらない方がいいです。

なぜなら、インフルエンサーになれる人は一部だし、
インフルエンサーは目指すもんではなく、結果論だから。

 

だから、

「インフルエンサー養成講座!0から1万人のファンを作り無限に収益化しよう」

的なのはちょっと危険なんです。

 

これはSNSに限らず言えることなんだけど、
数が少なくても戦える戦略で、高単価リピートを狙っていきましょう。

 

数が多いだけで全く稼げていないアカウントもたくさんありますが、
それはもったいないです。

 

ぜひこの考え方と感覚を大事にしてくださいね。

 

関連記事→TikTokでフォロワー約5万人いる歌手が稼げてないので、1日コンサルしてみた

1日で500部売れた人気の電子書籍が読めます

僕は24歳の時から月収で100万以上を継続的に稼いでます。

環境や才能に恵まれたわけでもないです。


もともといじめと暴力ばかりの日々で、
セクシャリティにも悩み、
ドン底で何一つの自信もありませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会い、
正しい方向性で少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
簡単に人生を逆転することができました。


ビジネスを学ぶ過程では、
コンテンツを作る方法や
価値を届ける方法など、
普通じゃ学べないことを知ることができました。


環境や才能に恵まれなかったとしても、
正しく学んで正しく実践すれば
だれでも活躍できると確信しています。


そして同じような人が増えることで
日本はもっと活気が溢れて
いい国になるんじゃないかと
本気で思ってます。


そういった理念から、
僕がどんな風にビジネスに取り組み、
まっさらな状態から今の資産を築き上げ、
お金・時間・場所・人に縛られない生活を手に入れたか、

そのリアルな軌跡と成功体験を
一つの書籍にまとめてみました。


この電子書籍は
過去にSNSにて
1日で500部売れた人気の作品です。

現在、もう販売は停止し、
メルマガのなか限定で公開しています。


ストーリー形式のため
だいたい20分ぐらいでサクッと読めるので、
ぜひ興味があれば読んでみてください。


電子書籍「SNS起業の教典」を読んでみる


メアドを入力すると受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください