【盆栽の教科書】盆栽を趣味に?何から始めたらいいの?

——————<※コチラの記事は企業案件です※>———————

なんでも良いから趣味を始めたいと考えている方へ。

趣味を始めるにも、様々なものがあり、いくつかの条件が有ります。

 

条件
  • はまれるもの
  • 続くもの
  • 長く出来るもの

これらは大きく「趣味」には響きます。何をするかは、個人の勝手ですが、コロコロ変わると極めることも困難になってきます。

そこで今回は、その条件をしっかりとを網羅したもので世界中で人気がある…

「盆栽」についてお話していきます。

そもそも、盆栽とは…

 

盆栽って何?
おじいちゃんがやっているイメージなんだけど…
あれは、木なの?

と幾つか疑問があるのはずですので、まずは基本的な盆栽について説明します。

盆栽(ぼんさい)とは、草木を鉢(盆栽鉢、盆器)に植えて、枝ぶり、葉姿、幹の肌、根及び鉢、もしくはその姿全体を鑑賞する趣味。自然の風景を模して造形するのが特徴である。

(引用元:Wikipedia)

と、硬い表現な感じしますよね。

 

でも、そんな盆栽が最近は「若者」を中心にブームになってきているんです。

盆栽が若者に人気???

一体どういうことなんだ??と感じる方も多いと思います。

ですが、最近では世界的に盆栽が脚光を浴びていて「芸術」の一つとして浸透してきているのです。

そしてそれれ今では「盆栽アート」と呼ばれ様々な技巧を凝らしたものまで存在していて見る人々を唸らせるレベルなんです。

 

まさかこれが、盆栽だなんてびっくりしませんか??

「盆栽アート」の普及により、元も「盆栽」そのものにも興味を抱いているという経緯もあり、今はとても若者に人気があるんです!

じゃあ、始めよう!でもまずは何を…

趣味の一つとして、提案してきた「盆栽」ですが、初心者はまず何をしたら良いのでしょうか?

初心者の悩み
  • 何を選んだら良いの?
  • 大きさは?
  • 水やりは?
  • そもそも、値段はいくらなの???

など、疑問が沢山でしょう。

そんな時には、「盆栽の教科書」を是非読んでみましょう。

今回は、この「盆栽の教科書」の中から3つピックアップして、「今から盆栽を始める方に」参考になる記事をお話します。

また、基本的にこのサイトは

サイトの特長
・完全に「盆栽」に特化
・レベルや経験年数に関係なく、参考に出来る
・おすすめの盆栽に関するグッズがスグ分かる

など、信頼性も抜群です。

「始めてみたい」方のまた、「上級者の今更聞けない」ことも載せている「今、絶賛進化中」の盆栽サイトです。

では、具体的に話に移って行きます。

❶ 盆栽が初めての方に

誰でも、「最初は初心者」ということで、しっかりと初心者の方への記事も有ります。




こんな事知ってました?

「手間」と「種類」で決まるなんて事、知らなかったでしょう??
また、ミニ盆栽なら通常の値段よりも安く抑えることが可能なので、初心者の導入には十分かなと思います。

また、やはり高いものもあり、それなりの理由とレベルの高さが伺えます。

この記事では他に

  • 盆栽の値段、最高値は「1億円」
  • ミニ盆栽の値段は?

などの魅力的な内容の説明が有ります。

続きの内容は是非、サイトに飛び見に行って見ましょう!

❷ 梅盆栽の手入れについて

梅も、盆栽では有名ですよね。
その手入れについてもサイトではしっかりと解説しています。




手入れのスケジュールは、順を追って説明しています。また、肝心の水やりに関してもしっかりと解説していますので、「やり過ぎ」「やらなさすぎの」中途半端にならずしっかりと育てる事が可能です。

この記事には他に

  • 梅とは?どんな特徴がある?
  • 虫や病気に関する注意
  • 盆栽として梅を好みのスタイルに仕立てるには
  • 植え替え

と、山盛りてんこ盛りで説明があります!

気になったら是非読みに行ってみましょう!

❸ 松の盆栽の種類!魅力と手入れの基本を解説

やっぱり、盆栽と言ったら「松」って感じですよね。
でも、松にも実は種類があり、手入れの仕方も「梅」とは違うんです。同じ容量でやると上手く育たなかったりするので、しっかりとここで「知識」を習得しましょう。




生命力をしっかりと感じることが出来る「松」には誰もが魅了されます。
でも、そんな松も育て方を間違えると「弱る」ことは勿論です。

「盆栽」の醍醐味は、「目の前に小さな形で大きな自然を出現させることが出来る点」です。

これをしっかり理解して育てることが出来れば、また一段と「盆栽の魅力」に惹かれることは間違いないですね!

この記事では他に

  • 松の種類
  • 厄除け・縁起の良さも松の魅力のひとつ
  • 松の手入れの方法

と、「松」について余すことなく書かれています。

「まずは、松から見てみよう!」という方、「松こそ、盆栽!」と思う方は是非見に行きましょう!

まとめ

今回は、「盆栽を趣味に?何から始めたら良いの??」についてお話しました。

今の時代だからこそ、「盆栽」を若い子は特に始めるべきだと強く感じました。
日本の自然や、文化に「日本人」だからこそハマり、趣味にすることは、大切なことだと思いました。

また、この機会に興味を持った方は是非「盆栽の教科書」で知識・育て方を学んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です