Twitterコンサルの導線について。有料noteからどこに着地させるか?

こんにちは、Kです。

今回は、Twitterマネタイズで有名な「Twitterコンサル」について。

これはあるインフルエンサーの方が「Twitterコンサルで月に数十万円を稼いでいる」という話を聞いたので、それをまとめる中で思ったことをお話していきます。

Twitterコンサルとは?

まずTwitterコンサルの定義についてですが、基本的には「お客さんとなる人のTwitterアカウントを見つつ、課題点やダメなところ、いいところをあぶり出してその人が伸びるようにアドバイスしていく」という流れかなと。

大体1か月くらいの期間で実施することが多く、インフルエンサーだと5万円から10万円が相場となっています。

安くても2万〜3万円で行います。

1万円だと安いイメージですが、逆に人を集めるために1万円で実施してみるのも戦略の1つだと思います。

Twitterコンサルをする上での集客方法は?

では次に、どうやって人を集めるかという集客の部分について。

当たり前ですが、たくさんフォロワーがいたとしても、Twitterコンサルやってます」ということをアピールしていなければ、依頼のDMも来ません。

僕も、今でこそ固定ツイートやプロフィールから消してしまってDMは来なくなりましたが、以前はTwitterやその他のコンサルはDMへ」と書いていたので、1か月に何件かDMが来ていました。

このようなTwitterコンサルへの導線作りをしておくことは当然大事になってきます。

オススメの導線の作り方

これはすでに実績があったり、コンテンツを作っている人にはもっとオススメの導線作りがあります。

「フォロワー1000人増やしました!」「フォロワー1000人増やしてマネタイズしました!」などTwitterでフォロワーを増やす系のノウハウ、戦略を書いたnote、ブログなどは多く目にしますが、それだけではコンサルにつなげるのは結構難しいです。

どうするかといいますと、そのようなノウハウ系のnoteやブログの1番最後に、Twitterコンサルやってます」と詳細までしっかり書くべき。

例えば「単価3万円でやってます」や、「1か月間でフォロワー1000人増やすことを目標にやります」などでもいいと思います。

例えば僕が今やるとすれば、「単価5万円で1か月やります。もし1000人まで増えなかったら返金します」という文言を書くでしょう。

完全返金保証をしてあげると、利用するハードルが下がるからです。

もしくは単価◯万円で、期限なし・返金保証なしで、◯◯◯人増やすのを保証するのもアリ。

ここで大事になってくるのは、ちゃんと「コンサルまでの導線を作る」ことです。

ちゃんとそのnoteの1番下に、DMください」「お問い合わせください」と書いておきましょう。

そうすればそのnoteを見た人から連絡が来るはず。

LINE@でも大丈夫です。LINE@にするとリストも取ることができて便利です。

そのように導線を作って人を流して、フロントエンド商品であるnoteから、バックエンドの高単価Twitterコンサルを販売するというそういう流れを作るという。

某インフルエンサーは、固定ツイートに「Twitterノウハウ系のnote」を置いています。

数百円なので購入されやすい。

そして、記事の最後に、Twitterコンサルに関する詳細文が書かれていれば、興味を持った人が問い合わせをしてくれますよね。

まとめ

フォロワーを増やす系のノウハウnoteを書いている人は多くいますが、導線を意識している人が少ないので、すごくもったいないと思います。

そのようにコンサルに流す、リストに流すなど、どのようなことでもよいですが、しっかりと意識して作った方がいいです。

これを実施すること自体は今からでも間に合うので、心当たりのある人は導線を作っておいた方がいいと思います。

ちなみにですが、Twitterコンサル自体はフォロワーが何人であってもできますが、権威性を保つためにも、1000人以上からやっていくのがおすすめ。

(追記)最後に

Twitterをはじめ、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です