【SNSマーケティング】最高のコンテンツに共通する5つの要素とは?

こんにちは、Kです。

SNSマーケティング デジタル時代の基礎知識」という本を読みました。

その中で、「最高のコンテンツ、成功するコンテンツに共通する5大要素」という項目がありましたので、その内容についてお話していきます。

今回の場合は企業アカウントが当てはまると思いますが、これは個人にも当てはまるので、ぜひ参考にしてみてください。

反響を得ているコンテンツには特徴がある

ユーザーやSNSのフォロワーから多くの反響を得ているコンテンツには特徴があるそうです。

その特徴は以下の5つになります。

  1. タイムリーであること
  2. 親しみやすいこと
  3. 共感できること
  4. 役に立つこと
  5. ユーザー参加型であること

これらの要素のうち、1つ以上を自分のコンテンツに取り込むことで、ユーザーからのエンゲージメント率が上がり、結果として最高のコンテンツになっていくとのこと。

1つずつ簡単に解説していきます。

タイムリーであること

まずタイムリーであるというのは文字通り、特にツイッターに関してはトレンドを押さえている方がバズりやすいという傾向があります。

言葉を変えると、その時話題に上がっているものであったり、話題の中心になっているものを取り上げると伸びやすい上に、ユーザーからの反応が得やすいです。

親しみやすいこと

これは、インフルエンサー界隈で例えると「めるしぃ」さんのような、独自のアイコンや独自のキャラを持っている人が分かりやすいです。

あのような親しみやすいキャラクターや、親しみやすいツイートをしていることが要素の1つになります。

共感できること

これはとても大事な要素になります。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、SNS界隈において共感というのはとても大事です。

要は、バズを起こす際には「共感」というのはとても大事になってきます。

おすすめなのは懐かしいといったような感情を扱うことです。

たまにツイッターでも上がっていますが、昔の懐かしい画像を上げてバズってる例。

そのような共感といったところをフックにするのは、上手いコンテンツを作る1つの手法でもあります。

役に立つこと

4つ目が役立つこと。

これは単純に豆知識であったり、有益な情報は当然拡散されやすかったり、コンテンツ力が上がることになります。

ユーザー参加型であること

5つ目がユーザー参加型ですが、これはフォロワーに対して投げかけをしたりします。

これはインフルエンサー界隈でいうと、やまけんさんなどが上手いです。

例えば、「〇〇でオススメのお店知ってますか?」であったり、「このツイートのリプライ数が30超えたら〇〇公開します」などのツイートでユーザーを巻き込んでいっています。

ユーザーを参加させる・巻き込むコンテンツを作ると強いし、そのようなことをしている人は、見ていると伸びている人が多いです。

例えば、キリンラガービールも同じようにアンケートを取ったり、質問したりしています。

しかし、ユーザー参加型のコンテンツをしていく際は失敗するパターンがあります。

それは「答えにくい問いかけをするとき」になります。

例えば、「東京のお土産の定番といえば?」という質問に対してであればリプライは来やすいと思われますが、「海外旅行の定番のお土産といえば?」などの質問の場合だと、あまり返答は来ないです。

その理由は、ユーザーが答えにくいからです。

ユーザーで・フォロワーの立場に立って考えることが重要。

どのような質問だったり、巻き込み方だったら自分が参加しやすいのかな?と考えて投稿した方がいいです。

まとめ

これらの5つの要素は、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、LINE@などSNS全般的に共通していると考えられる上に、ブログなどにも共通するところだと思います。

なので、これらの要素を意識してコツコツとコンテンツを作っていきましょう!

(追記)最後に

僕はSNSマーケティングを熟知し、Webビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です