大事なのは「単月100万」ではなく継続性。翌月20万なら意味なし

こんにちは、Kです。

先日、このようなツイートをしました。

https://twitter.com/kuma_500/status/1089363972849979392

100万を目指しているフリーランスは多いけど、ぶっちゃけ、ちゃんとやれば100万はイケる、大事なのは継続。100万稼いでも、翌月から20万なら、あまり意味なし。というのも、僕自身、一時期かなり収入が落ちて、やはり継続って難しいなぁと。先日、収入源の1つを抹消したし、また1から頑張るわ

Twitterを見ていると、月100万円を目指して頑張っているフリーランスが多いです。

100万円。

こう見ると大きな数字であり、大きな壁に見えますが、実際のところ、コツコツとやっていけば100万円は到達可能です。

でも、もっと大事なことがあります。

それは「継続性」

つまり、100万円に到達しても、翌月が20万円ならあまり意味がないのです。

例えば半年間で、100万円、20万円、30万円、30万円、30万円、40万円と稼いだとしましょう。

合計で250万円ですよね。

これなら、50万円、50万円、50万円、50万円、50万円、50万円と6か月間で合計300万円を稼いだ方が上です。

分かりますか?

単発で100万円を稼ぐより、50万円を継続して稼いだ方が合計としては上なのです。

「何としてでも100万円を稼ぐぞ」と意気込むのはいいですが、もっと大事なことは「継続性」。

あえて収入源の1つを抹消

僕の場合、100万円、200万円と稼ぐことはできたのですが、その翌月、作業量を落としたら全然稼げませんでした。

正直、100万円を普通に下回りました。

要は甘えていたんですよね。

人間は現状に甘んじる生き物です。

そこで、つい最近、収入源の1つであった、ランサーズのアカウントを完全に抹消しました。

「なぜ?」と思われるかもしれませんが、答えは簡単。

「取捨選択」であり、自分を追い込むためです。

また1から頑張り、100万どころか、もっともっと上を目指そうと思いました。

これが正しい選択だったと言えるように、ただひたすら、コツコツ頑張るのみですね。

大きく稼ぐためには、仕組み作りも重要なので、気合いを入れていきます。

イケると思ったらイケる法則

少し体育会系チックですが、わりと本気で、「イケると思ったらイケる」と思っています。

100万円を稼ぐにあたっても、「絶対にイケる」と信じていました。

根拠のない自信。

マインド。

イケないと思ったらイケません。

今あなたが月に15万円程度しか稼げていないとします。

自分に問いかけてみてください。

その作業量が今の限界か?

もっと効率的にやる方法ないか?

具体的な戦略は?

などなど。

そして、そのコンパスに従って、走り続けるのみ。

僕はまだまだ「イケる」と思っているので、これからも圧倒的な成果を出し続けたいと思います。

自分を信じれるか、信じれないか。

自分以外の何者にもなれないのですから、せめて自分のことぐらいは信じてあげましょう。

(追記)最後に

やがて軌道に乗り、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です