会社を辞めた方がいい人の5つの特徴とやるべきこと

こんにちは、Kです。

会社を辞めた方がいい人の特徴と理由、そしてやるべきことについて話していきます。

最近の流れとして、会社員として働くなんて馬鹿馬鹿しい、フリーで働いた方がいい!というような風潮があります。

そんな中で、会社員として働くことが嫌になっている人もいるのではないでしょうか?

そのような人は、「ある行動」を「無意識で」してしまっている可能性が高いです。

この記事では

  • 会社を辞めた方がいい人が無意識で起こす行動
  • その行動の裏にある理由
  • そのような人がやるべきこと

の3つを軸にお話ししていきます。

会社を辞めた方がいい人の特徴

会社を休む

日々行っている仕事が嫌になっている、もしくは、一緒に働いている上司や同僚、後輩と接することが苦痛になっている人がやりがちな行動です。

当たり前ですが、出勤時は仕事をする必要があります。

そのため、その仕事が楽しかったり、好きなのであればいいです。

ですが、それが自分の嫌なことだった場合は、毎日やるわけなので精神的にキツイ。

なので、日々のストレスとその仕事から一時的に逃げたいがために会社を休んでしまう方が多いのです。

最低限の仕事しかしない

嫌いな仕事を、「全力でやろう!」と思う人は少ないでしょう。

できれば、最低限の仕事だけでとどめたいと思っているはずです。

もしかすると、「人に言われたことだけ」をやるようにしていて、それ以外の仕事は一切しないようにしているかもしれません。

仕事を嫌いになっている人が、積極的に仕事を取っていったり、依頼された仕事にプラスアルファで、それ以外のことも率先してやったり、提案したりすのことはないでしょう。

ギリギリに出勤する

嫌いな仕事に自分の時間を最大限使いたい人は、この世にほぼ存在しないでしょう。

そんな人はかなりのドMです。

嫌いな仕事をしている人は、最低限の時間しか割きたくないと思うはずです。

そんなことよりも、自分の好きなことに時間を使いたいと思うのが人ですから、

最低限しか使わない=その仕事は好きなことではないという可能性が非常に高いです。

会社のイベントに参加しない

仕事自体もそうですが、会社内での交流であったり、イベントであったり、とにかく面倒そうなことや、変に人と関わることを嫌います。

そのようなところで変に人間関係ができてしまって、仕事上でも仕事を依頼されるようなことになると、せっかく好きなことに当てている時間が少なくなってしまいます。

そのため、人間関係を変に作ってしまうような社内のイベントごとに参加しない傾向にあります。

人の会話に入っていかない

これも上の「会社のイベントに参加しない」と同じような心理で、社内で人間関係を作っていく行為に非常に消極的になっているので、人の会話に入っていかないというスタンスをとる人が多くいます。

会話に入っていってしまったばかりに、仕事のことや自分の話になってしまうとかなり高い確率で仕事の愚痴や、人間関係、会社に対する不満を口にしてしまう可能性が高まります。

そのリスクを恐れているばかりに、積極的になることができず、結果として、人との会話に入っていけない人も多々います。

会社を辞めた方がいい人がやるべき2つのこと

ここまで、会社を辞めた方がいい人の特徴を話してきました。

何度も言いますが、このような行動をする人は、会社を辞めることを考えた方がいいです。

なぜなら、その会社でやっている仕事が嫌い、もしくはその会社の人間関係が嫌になっている可能性が非常に高いからです。

なので次は、会社を辞めた方がいい人が、やるべきことについてお話しします。

転職活動をする

嫌な仕事をしたくないからといって会社を辞めたとしても、日々の生活費などで、お金に困ってしまうことは多いです。

貯金がたくさんあれば困ることはありませんが、稼ぐことなく生活を続けるのはほとんど難しいでしょう。

なので、ベタではありますが、お金を稼いでいくために、転職活動をしていきましょう。

過去の経験から、自分がやりたい仕事を決めて、その条件に合うような仕事ができる会社を片っ端から探しましょう。

そして、履歴書や職務経歴書を書いて、面接へどんどんいくようにしましょう。

それが、会社を辞めるための第1歩です。

収入を得る方法を考える

今の時代、会社に所属しなくても、個人で稼いでいける世の中になってきています。

ツイッターやブログ、YouTubeなどなど、個人で活動をしてお金を稼ぐための方法は、昔は難しかったかもしれませんが、今は難なくできるようになってきています。(もちろん努力は必要ですが)

このサイト自体もそうですが、個人の方でもフリーランスとして活動していくためのノウハウを載せていますので、どんどん読んで実践していってみてください。

まとめ

ここまで、会社を辞めた方がいい人の特徴と、そういった人たちがやるべき行動を話してきました。

辞めた方がいい人の特徴の根本にあるのは、「仕事に対してモチベーションが上がらない」ということです。

モチベーションが上がらず、積極的になれないので、同じ場所でやり直すのは相当難しいです。

モチベーションを高めるために新しい場所を探してとにかく行動することが大事になってきます。

まずは新しいことを始めるために、行動し始めてみてください。

(追記)最後に

僕は会社員を辞め、Webビジネスで起業しています。

やがて軌道に乗り、ある程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です