ブログは大学生こそふさわしい?自己表現の極意とは?

こんにちは、Kです。

大学生こそ、ブログを始めるべきということについて話していきます。

今どきの大学生は、いい大学に行き、いい会社に勤めてという「安定」を求めていることがよく分かります。

もちろん、とてもいいことだと思いますし、それが安全策だということも理解はしています。

ですが、「インターネット時代」と言われ、これからも進化していくITの時代に、SNSやブログを使わない手は無いです。

活用の仕方次第で、自分の「大きな資産」になることは言うまでもありませんので、是非この記事でそのことを理解していただき、挑戦してもらえたらいいかなと思います。

本記事は

  • ブログのメリット
  • おすすめのサービス
  • 始めるためのインプットブログの紹介

の3つの軸から話していきます。

ブログは大学生こそふさわしい?

大学生こそふさわしいというのは、どいうことなのか。

「いやいや、時間がないよ。」「お金になるの?」そんな質問も確かに飛び交いそうですが、これら4つのメリットを見てもらえるとまた感じる印象も変わるのではないかと思います。

自己発信力の強化

自己発信力≒自分の発言の強さですね。

これを強くしたら、どう良いことがあるのか。

簡単です。

「個人の意見が大きな形になる」ことが理解できます。

おそらく、ほとんどの型が「肩書」「実績」を持っていないです。特に、大学生なら。

そして、リアルでは、その肩書がものをいいます。

ですが、ブログではそんなことは関係なく「自分」そのものが一つの「コンテンツ」になります。

今まで生きてきた中での、経験や、感情。そういうものです。

それは、あなただけが経験したもので他の誰も知らないことです。

もし、同じ悩みを持つ方がいて、それに対する解決案をあなたが提示したとすると、その人はどれだけ有り難いと思いますか?小さなことでも、十分人の役に立つことができ素晴らしいことなのです。

読んで貰うためにも、工夫は必要です。

また、いかにして、届くには「どうしたらいいのか?」それを考えることはとても大きなことで、大切なことなのです。

ライティング力の強化

単純な話で、ひたすら書くことで、ライティング力は上がります。

ただ、「書くことに慣れる」というのも勿論ですが「起承転結」「序・破・急」も理解できます。

書き方にこだわるだけで、誰が見ても「読みたくなる記事」にすることが可能で、大学内のレポートにも大活躍すること間違いなしです。

また、ライティング一つで「人の心を動かすこと」も可能です。

これは、「一緒に考える」「初めましてなのに、まるで友達のような」という書き方の工夫で感じる気持ちを震わせることが可能なわけです。

世間の大学生より、一歩でも先に行きたいのなら、ブログをすることをライティングの面からいってもおすすめします。

簡潔にまとめる力の強化

ライティング力と少し被りますが、大切なことです。

「簡潔にまとめること」は社会に出た後もずっと使うことです。

下手したら、ただの「必要事項の簡潔化」の報告により、昇進することも可能かもしれないです。

そのくらい大切です。

あなたも、「ダラダラ話す人」苦手じゃないですか?そういうことです。

自分を見つめ直す

大学生活時代は、基本的に「サークル活動」や「飲み会」で自分について考えずに4年間を過ごしてしまうこともしばしば。

そんな時に、ブログを書くことで「いま自分が何を考えているのか」が客観的に見れてとてもいいです。

文字に書き起こすことは、自分自身へ言い聞かせるという意味でも効果抜群です。

また、資産としても残すことが可能なため「過去の自分」と向き合うためにも良い材料になります。

おすすめのブログサービス

ここまで、ブログを書くことのメリットを話していきましたが、次は、おすすめのブログサービスです。

おすすめの基準として

ここがポイント!
  • 書きやすい
  • 見られやすい
  • 続けやすい
  • 安い

の観点から、決めました。

最適だったのは、「はてなブログ」です。

理由としては

  • 初心者でも感覚的に書きやすい。
  • 始めたばかりの場合は、サイトのおすすめ欄に乗りやすく見られやすい。
  • スマホのアプリもあるので、どこでも執筆可能。
  • 基本使用は無料。

これは強いな!と感じます。

特に料金と、継続の面からいくと納得のサービスです。

ブログを始めるなら、まずは「はてなブログ」からはどうでしょうか?

※追記:今となっては「ワードプレス」をおすすめします。

始めるためのインプットブログの紹介

といっても、何を書いたらいいのか。

その為には、「知る」必要があります。「誰がどんな記事を書いているのか」「何を目的として、誰に向けているか」など。

今回は、おすすめのブログを3つ紹介します。

manablog

カテゴリー 雑記ブログ
運用年数 6年以上
更新頻度 ほぼ毎日

マナブさんが書く、manablogはノウハウの宝庫です。
また、書き方もこだわっており、読みやすさが伺えます。

主に、フリーランスエンジニアとしての知識が散りばめられており
初心者こそ、見るべきブログのお手本です。

hitodeblog

カテゴリー ブログ書き方
運用年数 1年程度
更新頻度 たまに

ブログ界では有名な、ヒトデさんの「初心者ブロガー向け講座ブログ」。

とにかく始めたての方に特化したブログで、書き方から、キーワード選定など
多岐にわたり、丁寧に解説してくれます。

WAROCOM

カテゴリー カテゴリー特化型
運用年数 3年以上
更新頻度 週1、2回

カテゴリー特化のブログの代名詞と言ったら、このブログ。

書き方や、説明の仕方が特にシンプルで見やすい。
サイト設計や、導線の引き方が勉強になるブログです。

まとめ

今回は、大学生こそ、ブログを始めるべきということについて話しました。

ブログは、「継続」とそれに見合う「努力」の集合体です。

「今」やる気にならないと、その気持ちは長続きしません。

ですので、この記事を見たらすぐに行動してみましょう。

また、「インプット」はとても大切です。紹介したブログや、今流行の書籍からインプットすることも良い方法だと思います。

はじめてみる。
行動してみる。

これだけで、あなたのこれからが「有意義」になることは間違いないです。

(追記)最後に

ブロガーでもある僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です