【トーク力皆無】売れるトップ営業マンになれた秘密

こんにちは、Kです。

今となってはフリーランスとして活動していますが、前職はIT系商社でバリバリ営業マンをやっていました。

一応、北関東若手部門で上位になるなど、それなりの成績を取っていました。

法人営業で、売っていた商材はプリンター・LED・セキュリティ機器・PC・ソフトウェア・倉庫・防犯カメラなど様々。

退職する直前には、完全未取引の大きな病院に対し飛び込み営業を実施し、LED800本を販売したり。

(8割飛び込み営業でした)

でも僕はトーク力皆無です。

人前で話すのは苦手ですし、飛び込み営業時、多くの社員にギョロっと見られるのが本当に嫌でした。

緊張すると早口になってしまうので、「あ?」と聞き返されることもしばしば・・・

それなのに、どうやって商材を販売していたのか?

今回、秘密を1つご紹介します。

売れるトップ営業マンになるために、靴・腕時計・髪形が大事?

営業マンは見た目が大事。

確かに、靴や腕時計、髪形は大事だと思います。

でも、そこまで気にする必要あるの?というのが個人的な意見。

というのも、僕の場合、4,000円の革靴・8,000円の腕時計・カッパみたいな髪型、でした。

むしろ、革靴はボロボロの方がいいと思っていたので、あえてボロボロにしていた感があります。

髪形に関して、理想は短髪の爽やかヘアーでしょうね。

おでこに前髪がかかっていない状態が好ましいと思います。

僕の場合、カッパロングヘアーだったので、論外ですが・・・

訪問件数を極め、売れるトップ営業マンになれた

『営業として売れる方法!』『売れる営業マンになるためには?』みたいな本を何十冊も読んできました。

どれも書いてあることは似たり寄ったりで、参考になるようでならなかったり。

よく、「トークを極めろ」「心理術を使え」「心に響くような提案をしろ」とか書かれていますが、私はもっと大事なことがあると思っています。

それは、圧倒的な「数」

そう、僕の場合、訪問件数を圧倒的にこなしていました。

「このお客様売れるかな?どうかな?」とか悩んでいる暇すらもったいないと思っていたので、とにかく訪問しまくりしました。

もはや何も考えず、感情を捨てて訪問。とにかく数をこなしました。

尋常じゃないほどの台風が到来していた時も、傘をささずに横断歩道を渡り、あえてビショビショな姿で訪問。

翌日に風邪を引いたのは言うまでもありません。

寒すぎて震えながら訪問したところ、「アナタ大丈夫?」と心配され、最終的に30万円ぐらいのPCを買ってもらったこともありました。

なぜ訪問件数が大事かというと、訪問しないと何も分からないからです。

どんなお客様がいるのか、どんな雰囲気なのか、どんな表情なのか、どんなお困り・ニーズがあるのか。

もちろん電話営業をして、アポ先に訪問することもあります。

でもそれだけだと、ライバルとは差をつけられません。

時間内にプラスアルファの行動を起こすことで結果に繋がるのです。

具体的には、1日で50件ぐらいの会社を本気で飛び込み営業していました。

20件に1件ぐらいは、ニーズのあるお客様(ターゲット)がいたりするんです。

とにかく数をこなし、そして質も同時に高めていきました。

たまにとんでもない社長もいます。

飛び込んだ途端に怒鳴られ、「そこに正座しろ」なんて命令されたり。

幼稚園に飛び込んだら、理事長にブチギレられて、本部に通報されたり。

建築会社に飛び込んだら、専務に「〇すぞ」と言われたり。

それをいちいち気にしている時間も無駄なので、15秒ぐらいは落ち込んだりしましたが、すぐに気持ちを切り替えていました。

古典的な手法ですが、最初に怒鳴られて断られた社長のもとに1年以上通い続け、最後の最後に色々買ってもらったことも。

センスの塊なら、1,2件の訪問で結果が残せるでしょう。

でもほとんどの営業マンは普通の人ですよね。

だからこそ、まずは足を動かすことをおすすめします。

インターネットの仕事でも同じ

結局、考えたり悩んだりして、何も行動に移せず終わってしまうのが一番もったいないと思っています。

例えば他の営業マンが「どのお客様先に訪問しようかな…」と30分悩んでいる間、僕なら6,7件飛び込み営業をしています。

「今日はやめとこうかな…とりあえずタバコ休憩でもしよう」とまた30分無駄にしている間、追加で6,7件の飛び込み営業をしています。

ゆるゆるの営業をしていても、あっという間に時間が過ぎ、夕方になります。

そして「今日も何も成果がなかったな…」と気怠そうに帰るのです。

その30分の帰り道、僕は20件の電話営業を実施し、翌日のアポを2,3件確定しているでしょう。

この行動力というか、結果を追う姿勢というのは、インターネットの仕事でも同じだと思います。

つまり、営業マンに限る話ではないということ。

もっともっと高みを目指して、あらゆることにチャレンジしていきますよ。

みなさんも、ぜひ。

(追記)最後に

営業マンからWebで起業し、やがてある程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があったとしても、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です