手の中にあるものに気付けないと、お金と時間を手にしても幸せにはなれない

こんにちは、Kです。

タイトルの通り。手の中にあるものに気付けないと、お金と時間を手にしても幸せにはなれません。

「え?お金と時間があったら幸せじゃね?」と思う人もいるでしょう。でもNOです。

ちょっと深掘りしていきます。

手の中にあるものに気付けなかった僕

僕は様々なWebビジネスに手を出し、失敗もあれば成功もあり、気が付いたら今の状態になっていました。有難いことに「憧れてます」なんて言ってもらえることも。

でも、気付いてしまったんです。「お金と時間があっても、幸せになれるとは限らないんだな」と。

最初は月収100万円を目指して奮闘していました。それこそ、休みなしで毎日15時間の作業を。当時はトレンドアフィリエイトがメインでした。

確かに、お金があると、そして時間もあると、やれることは増えるし、夢も広がります。不幸を回避することだってできました。

ただ、すでに手の中にあるものに気付けないと、そしてその手の中にあるものに感謝できないと、いくらお金と時間があっても、満たされる日は来ず、幸せになれないと思いました。

僕は最近、お金よりも大切な恋人を失っています。色々な原因がありますが、僕がビジネスばかりやり過ぎた、お金ばかり追い過ぎた、目の前にある幸せに気付けずに大切にできなかった、という点が大きいです。

お金があれば、時間があれば、恋人との関係はさらに良くなり、いい思いをさせてあげることもできる、などと思っていました。

確かに美味しい焼肉屋に連れて行ったり、旅行に行けたり、楽しいことがたくさんできたのも事実。

でも、本質的なところで、僕は彼を大切にできていなかった。お金があれば、全てが解決できると思って、逃げていた部分もあります。

とにかく、今までの僕は、手の中にあるものに気付けずにいました。当たり前だと思っていたし、永遠だと思ってたんです。そんなもの、ないのに。

失ってから気付くのじゃ遅いのですが、今なら、分かるります。

お金も大切だが、お金以上に大切なものに気付き、それらを大切にすることも大切

僕は以前、こんな発信をしていました。

当時は「稼ぐこと」にコミットしていましたし、それはそれでよかったと思っています。実際に最短で結果を叩き出すこともできました。

でも結局、炎上した時に助けてくれたのは旧友だったり、失恋した時に救ってくれたのも友人だったりしました。彼らのことを「仕事の邪魔になる」とか言って、断捨離しようとしてたのに…

僕の周りに彼らがいてくれることのありがたみというか、感謝の気持ちが欠如していました。「当たり前」だと思っていたし、大切にできていなかった。リスペクトの気持ちも欠如していたと思います。

恋人を失った時にも思いましたが、「お金も大切だけど、お金以上に大切なものに気付き、それらを大切にすることも大切」ということ。

そして、「お金以上に大切なもの」というのは、すでに「手の中にあるもの」。

ついつい当たり前すぎて忘れちゃうんですよね、きっと。ほとんどの人間は気付けない。

バンプのsupernovaという曲で、「本当の大事さは 居なくなってから知るんだ」という歌詞があります。そう、気付けないんです、リアルタイムで進行している時は。

だから定期的に今の環境を客観視したり、その上で周りのものに感謝したり、そういうのをしないと、日々の忙しさに押し流され、忘れてしまう。

「世の中、金じゃない」みたいな綺麗事は言いません。お金は必要。お金は大切。お金がないと、生きていけないケースの方が多い。

それにお金以上に大切なものを守るためには、ある程度のお金も必要です。

なお今までの僕は、「お金さえあれば全ての幸せが買えるのでは」とすら思っていた時があります。

でもそうじゃなかった。確かに買える部分もあるけど、全部は買えない。それに、お金以上に大切なものを大切にできないようだと、幸せを買うどころか、そもそも幸せになれない。

これらは実際にWebビジネスで上手くいったからこそ言えることなのかもしれませんが、とにかくこの短期間で色々な学びがあり、僕自身のステージも上がった気がします。

セクシャリティのこともあり、10代の頃から「人生」や「幸せ」についてよく考えていた

振り返ると、僕は10代の頃から、「人生」や「幸せ」についてよく考えていました。

基本的には感覚人間なので、深く考えてるようで考えてないパターンも多いのですが、考える時はとことん考えます。

セクシャリティがゲイであり、しかもデブ専ということもあり、「自分の人生って何なんだろう」「自分にとっての幸せって何なんだろう」とよく考えていました。今でもたまに考えています。

結局、幸せの形も人それぞれだと思うし、そこに正解はないように思います。だからこそ難しい。

10代の頃からずっと「幸せになりたいな」と思っていました。一人の人間として、ゲイとして。でも恋人ができても、ビジネスで上手くいっても、どこか幸せじゃない気もして。

原因は何だろう。何が問題なんだろう。と考えていました。そしてようやくその輪郭が見えてきた気がします。

ちゃんと手の中にある幸せに気付くこと。気付く努力をすること。感謝すること。生かされていることを知ること。全ては変化していると知ること。

生きる目的

何のために生きているのか?まぁ色々あるとは思いますが、幸せになるために生きているんだと思います。

僕も幸せになるために生きていますし、そのために頑張ってきました。でも、お金ばかり追っていたら、大切なことに気付けなくなり、気が付いたら恋人も失っていたんです。

お金は手段であり目的ではない。幸せになるための手段としてあるだけです。

とは言いつつ綺麗事抜きで言いますが、僕はお金が好きだし、お金は大切です。

ただ、それだけじゃないよねってこと。

お金以上に大切なもの(手の中にあるもの)もあるし、それに気付けないと、そして大切にできないと、お金と時間を手にしても幸せにはなれません。

僕の今後ですが、今後は「フリーランス」「起業」「お金」に加えて「人生」「幸せ」などもテーマに入れていきます。

デブ専ゲイかつADHDというマイノリティofマイノリティだからこそ伝えられるものもあると思っています。

最近は個人・企業のSNSマーケ・リストマーケのコンサルをしたり、売上げUPのサポートに入ったりと、以前よりも精力的に仕事ができています。その上で、他にもある大切なものを大切にできたらなと。

収入と幸福度を上げるメルマガもやっているので、まだ登録していない人はしておいてください→こちら

現在1600人の登録者がいます。『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付き。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です