文字単価0.1円案件の裏側!労働力を搾取されないこと【ライター】

こんにちは、Kです。

今回は、文字単価0.1円案件の裏側を暴露します。

文字単価0.1円は、つまり「2000文字の記事で報酬200円」ということです。

クラウドワークスやランサーズで時おり見かけます。
「2000文字の記事で報酬200〜500円ぐらいの案件」

正直、僕自身もこの低単価条件で応募をかけたことがあるのですが、まぁ集まるわけです。

で、僕がこんなこと言うのもおかしいかもしれませんが、「低単価案件は受けない方がいい」です。

正直、これは労働力の搾取です。

なぜ文字単価0.1円〜で応募をかける人が多いのか?

なぜ文字単価0.1円〜で応募をかける人が多いのか。

裏側を話すと、発注金額を抑えまくって、売上げを最大化させたいからなんですよね。

どういうことか?

例えば、2000文字の記事で報酬200円の案件があったとしましょう。

経費は200円になります。

その記事からアドセンスによる広告収入が1000円発生したとします。

となると、差額の800円がサイト運営者の利益になります。

これがもし、2000文字の記事で報酬1000円だったとしたら、利益は0円。

できるだけ経費を抑えたいので、低単価で発注しているというわけです。

もちろん、数千万〜数億円を叩き出しているメディア企業とかだったら、高単価のトップライターに発注したりします。

ただ、クラウドワークスやランサーズでライターの案件一覧を見れば分かる通り、ほとんとが低単価案件ですよね。

繰り返しますが、発注金額を抑えまくって、売上げを最大化させたいからです。

僕の知り合いで、ブログ月収100万円を軽く稼いでいる人がいるのですが、彼もまた、単価0.1円〜0.2円程度で外注しています。

経費が少ないので、その分、売上げが残るという仕組み。

ここまで読んで、どう思いましたか?

これが真実です。

「搾取する側」「搾取される側」の2つで成り立つ

で、何が言いたいかというと、冒頭で話した通り、「低単価案件は受けない方がいい」です。

そして、資本主義の世界では「搾取する側」「搾取される側」の2つで成り立っています。

豊かになりたかったら、「搾取される側」から卒業すること。

これを把握せずに、方向性を間違えて、低単価でライターの仕事をしている人が結構いるわけです。

世間は副業ブームです。

副業をやるのは自由ですが、搾取される側になるべく立たないことです。

ちなみに、おすすめの副業・ビジネスは「資産性のあるもの」です。

最初は大変かもしれませんが、自分のメディア・商品を一度作ってしまえばある程度放置していてもお金が発生するもの。

僕は最近、資産性のあるビジネスしかしていません。

将来の自分も楽になりますからね。

SNSを開くと様々な情報で溢れていますが、本質や大事なことはシンプルなので、きちんと見極めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です