会社員かフリーランスか。おすすめはどっち?【隣の芝生は青く見える】

こんにちは、Kです。

今回は、会社員かフリーランス、どっちがおすすめ?について話していきたいと思います。

結論から言うと、「どちらでもいい(個人差あり)」です。

そして隣の芝生は青く見えるのが人生ですね。

フリーランスに憧れていた会社員時代

毎日7時前に起き、寝ぼけながら洗顔、スーツに着替えて「今日も会社か〜行きたくないな〜」なんて思いながら出社。

上司に怒られ、お客様先で叱られ、終電間際まで働いて、翌日も出社。この繰り返し。

「自由に生きているフリーランスはいいな」

「スーツから卒業したいな」

「平日の昼間からスタバでMacBookをカタカタしている人達、一体何をしているんだろう・・・(羨ましい)」

とこんな感じで、毎日思っていたわけです。

憧れ。嫉妬。

「ないものねだり」と言いますが、営業マンとしてバリバリ働いていた頃、フリーランスになりたくてしょうがなかった。

それは逃げでもあります。暑い中、スーツを身にまとって営業に出かける毎日に嫌気が差していました。

フリーランスになってから、スーツが恋しくなる

あれだけスーツが嫌いだったのに、いざフリーランスになってみると、スーツが恋しくなってきます。

ただ戻りたいか?と言われると分かりません。基本的に社会不適合者なので、正社員としてはもう無理かも。

でも、ちょっと楽しそうに見える時もあるんですよね。華金とか、もう無縁になっちゃいましたし。

隣の芝生は青く見えるので、自分の心の声に正直に

結局、隣の芝生は青く見える。

会社員時代はフリーランスに憧れていたし、フリーランスになってからは会社員もいいな〜なんて思っている自分がいる。

仮に、僕がまた会社員になったとしましょう。

そしたら「やっぱりフリーランスがいい…自由に生きたいな」と思うに決まっています。ないものねだり。これが人生です。

ということで「会社員かフリーランスか。おすすめはどっち?」と聞かれても、その人次第なんですよね。

「どちらでもいい(個人差あり)」わけです。自分の軸に合わせて決めれば?という。

ちなみに僕のスタンスとしては、『時間と場所に縛られたくない』『好きな人と好きな場所で好きな仕事をしていたい』です。

この軸がマッチするのはやはりフリーランスなのかな?と思います。だから心の声に正直に生きていくのみ。

みなさんも、隣の芝生が青く見えるからといって、すぐに乗り移ったりするのではなく、しっかり自分の軸と心の声に向き合って生きてくださいね。

(追記)最後に

やがて軌道に乗り、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です