【YouTube】登録者数2万人で月収25〜40万?マーケットインで参入すべき?

こんにちは、Kです。

最近、YouTubeがアツいですよね。

もうブームは数年前に過ぎたのかなと思っていましたが、全然そんなことなかった模様。

ブロガー界隈を見ていると、最近になってYouTube市場に参入したブロガーが多くいます。

さて、気になる収入面ですが、一説によると「登録者数2万人で月収25〜40万」程度らしいです。

もちろん広告の単価によって変わるとは思います。

それにしても、「条件はいい」ですよね。だって登録者数2万人で月収25〜40万ももらえるんですよ?

継続し続ければ数万人〜数十万人というのも夢ではないかもしれません。

TwitterとYouTubeの違い

細かい違いを上げたら当然キリがないのですが、まず一番の違いは「広告」の有無。

Twitterでいくらフォロワー数を増やそうが、広告収入は手に入りません。

例えフォロワー10万人になろうと、お金はもらえないのです。

YouTubeだと、条件を突破し、広告審査さえ通れば、広告収入が手に入ります。

つまりチャンネル登録者数や再生回数が多ければ多いほど、お金になります。

長期的な視野で考えた時、TwitterかYouTubeならYouTubeがおすすめですかね。

これからの時代は「動画」ですし。

マーケットインの発想で市場に参入する

マーケットインとは、ユーザー・市場のニーズを考えて商品開発を行うことです。

その逆がプロダクトアウト。

今からYouTubeに参入し成功を収めるためには、マーケットインで挑む必要があるのかなと思います。

ユーザーのニーズを考えず、マーケティングや戦略も立てずにいきなり動画発信を始めても、滑って終わる可能性が高い。

「市場から求められている動画」を届けていくのが効率的です。

ビジネス系YouTuberはまだレッドオーシャン?

有名どころだと、メンタリストDAIGOさんでしょうか。

ブロガー界隈でいうと、イケダハヤトさんなんかもビジネス系YouTuberです。

まだまだ数が少ない印象なので、ブルーオーシャンだと思います。

独自の色を出したり、差別化したりできれば、戦えます。

僕もそろそろ、ちゃんと参入予定です。

収入源を増やす

Twitterで数千人のフォロワー数を抱えている人は、早い段階でYouTubeに参入した方がいいですよね。

発信媒体を増やすという意味でもおすすめですし、収入源の一つとしてYouTubeを育てるのもアリです。

数万円〜数十万円の報酬なら、わりとサクッと手に入りそうですが、何事も「継続」が大事。

やるなら最低1年は淡々と動画をアップしていきたいものです。

(追記)最後に

やがて軌道に乗り、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です