夢を掴めない人の特徴。ふわふわ生きてるだけの人も多い

こんにちは、Kです。

今回は、夢を掴めない人の特徴について。

ちょうど昨日、ある20代前半の方と話をしていて、思ったことがあります。

ちょっと厳しいことを書いていきます。

通話内容のまとめ

・地方から芸能界デビューを夢見て東京に来た

・現在はバイトの収入のみ

・芸能界でモデルや役者をやりたいらしいが、なぜやりたいのかは言語化できていない

・ただ目立ちたいらしい

・養成学校とかに通いたいがお金がかかるから迷っている

・YouTubeもやりたいが、部屋にWi-fiがないからできない

・Twitterのフォロワー数1桁、インスタもTikTokも全て中途半端

・なぜ伸びないか?が分かっていない

・明確な戦略もないし、それを知るための努力すらしない

・ブログも書いているが、日記ブログなのでアクセスは皆無

・全く勉強や努力をしていない

・そもそもイケメンではないし太っている(差別化が必要だということも分かっていない)

・ブランディングやマーケティングも理解できていないし、それを理解するための努力もしていない

・「諦めようかな」が口癖になっている

 

これらを読んで、どう思いましたか?

僕は正直、全てが甘いなと思ってしまいました…

なぜダメなのか?なぜ夢を掴めない人だなと思ってしまったのか、説明していきます。

※遠回しに厳しめのアドバイスはしておきましたが、あまり分かってもらえませんでした…

具体的な戦略が全くない

地方から東京に引っ越し、そのまま原宿の竹下通りを歩いていたら芸能関係の人に見つかり芸能界デビュー・・・

なんてことが起きるのは、「超イケメン」か「超美人」ぐらいです。

そうじゃないとしたら、ふわふわと目指すのではなく、具体的な戦略のもと目指す必要があります。

時間の無駄になりますからね。

しっかり自分と向き合い、自分が置かれている状況を客観視する力も必要になってくるわけです。

戦略皆無で目標・夢が達成できるほど甘くはありません。

そもそも努力していない

努力は必要です。

努力なしで夢を掴めるとしたら天才か運のいい人ぐらい。

知るための努力もしていない

「ブランディングやマーケティングも理解できていないし、それを理解するための努力もしていない」と記しました。

知るための努力・理解するための努力は自分次第ですよね。

インターネットで調べれば出てきますし、本なんて腐るほどあります。

永遠に夢だけを語っている人間にならないためにも、障害や分からないこと・知らないことは潰していく必要がある。

僕はそう思います。

PDCAを回せてない

「Twitterのフォロワー数1桁、インスタもTikTokも全て中途半端」

「なぜ伸びないか?が分かっていない」

と記しました。

これはPDCAが回せていない証拠。

PはPlan、DはDo、CはCheck、AはActです。

計画→実行→検証→改善。

ちゃんと仮説を立てて運用していないからこそ、いつまで経っても伸びないわけです。

夢を掴むためには、何十回、何百回のPDCAが必要だと思いますよ。

ただふわふわ生きてるだけだと夢は掴めない

ただふわふわ生きてるだけだと夢は掴めません。

通話越しに、「僕はバカだから、マーケティング?とかブランディング?とか分からない」と言われた時、「自分は1日15時間ぐらいの勉強をしたけどね」と答えました。

頭がいいとか悪いとか、学歴とか、関係ないです。努力次第。

ずっとふわふわ生きてきた僕だからこそ、分かることがあります。

語るのは簡単、行動するのは難しい。

生半可な気持ちで手を出しても、何も掴めない。

夢はいつまでも待っていてくれない。

チャンスは自分で掴みにいくもの。

ビジネスも同じです。

ちょっと今回は厳しいめに書いてしまいましたが、ぜひ参考にできる部分は参考にしてみてください。

(追記)最後に

偉そうなことを書いてきましたが、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にした後、「あまり幸せじゃないな」ということに気付いてしまいました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です