【時間泥棒に注意】電話をかけてくる人には要注意!ホリエモンやはあちゅうも明言

こんにちは、Kです。

同期通信である「電話」を使う人、まだ多いと思います。

フリーランスになり、『お金<時間』に気付いた今、仕事における電話はほぼ使わなくなりました。

電話は確実に相手の時間を奪うからです。

今の時代、LINEやチャットワークやメールで済む内容なのに、わざわざ電話をする人は「仕事ができない人」というレッテルを貼られてしまいます。

非同期通信で「好きな時」にメッセージを見て、「好きな時」に返信すればいいだけの話です。

電話をかけてくる人は時間泥棒?

緊急用件ならいいのですが、「あの案件どうなりました?」と非同期通信で済む内容なのに電話をしてくる人・・・

時間泥棒になっている可能性があります。

ホリエモンの『多動力』にも書いてありましたし、インフルエンサーの「はあちゅう」氏や「イケダハヤト」氏も電話は嫌っています。

効率がいいように見えて実は非常に効率が悪いのです。

そのタイミングで作業に集中していたとしても、一回電話に出てしまうと、集中力も途切れます

相手の時間を奪ってしまいますし、「ビジネス相手にいきなり電話をする」という失礼なことはやめました。

仕事相手から電話がかかってきたら?

「今の仕事を中断しても電話に出るべきか?」を考え、電話に出るか出ないか判断しましょう。

ちなみに、一度出てしまうと『この人は電話に出てくれる人なんだ』と思われ、事あるごとに電話がかかってきてしまいます。(経験済み)

ホリエモンに関しては、電話がかかってきても出ず、『この人は電話に出ない人なんだ』という印象を与えているそうです。

ほとんどのやり取りはLINEやチャットワークで済む

サラリーマン時代、電話かメールでのやり取りが主流でした。

二つ隣の席に座っている上司にメールを送る時、毎回毎回「お疲れ様です」という書き出しから始まる堅苦しい文章を送っていました。

LINEやチャットワークで、「そういえば〇〇の件、どうなりましたか?」とチャットを飛ばせば一発で済む内容なのに・・・

思うに、ほとんどの内容はLINEやチャットワークで済むと思います

中身のない会議で1時間も費やすようなら、LINEのグループを作成し、みんなで意見交換した方が効率的です。

フリーランスになり、『お金<時間』に気付いた今、どれだけ効率的に仕事ができるかを追及しています。

まとめ

とにかく、いちいち電話をかけてくる時間泥棒には注意です。

このツイートにあるように、どうしても電話をかけたい場合、「今3分ほど宜しいですか?」「確認したいことが3つあります」といように断りを入れるのが最低限のマナーでしょう。

断りもなく急に電話をかけてきて、ダラダラと話す人とは一緒に仕事をしない方がいいかもしれません。

(追記)最後に

やがて軌道に乗り、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があったとしても、幸せになれない落とし穴とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です