【ランサーズ】ライター業1か月目で月収30万円稼げる?大事なことはコレ!

悩み人
ランサーズでライター業を始めたい!でも月10万もいけばイイ方って聞くけど・・・稼ぎ方とかあるの?

という疑問にサクッと答えます。

この記事で分かること
・クラウドワークスとランサーズの違い

・ランサーズでのシンプルな稼ぎ方

・ランサーズで月収30万円稼ぐ方法

それでは見ていきましょう。

クラウドワークスとランサーズの違いやおすすめは?

悩み人
クラウドワークスとランサーズ、どっちがいいの?同じ?

結論から言うと、

どっちでもいいです

どちらも使ったことがありますが、正直、好みの問題かなと思います。

個人的に思ったことは以下の通り。

違い
・クラウドワークス…ランサーズよりも案件が多く単価は安い

・ランサーズ…クラウドワークスよりも単価が高く案件は少ない

しかし、『ランサーズに高単価案件がないな~』と思いふとクラウドワークスを見てみると、バリ高い案件が転がっていたりもするので、何とも言えません。

ランサーズで月収100万円以上稼いでいるプロライターも言っていましたが、

「とりあえず両方を登録しておけば?」とのこと。

これには完全同意です。

ちなみに、「おすすめは?」と聞かれたら、個人的な好みとしてランサーズですね。

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズでライター業スタート!月収30万円稼ぐ方法は?

さて今回は、ランサーズで月収30万円を稼ぐ方法についてご紹介。

ちなみに、私がランサーズをメインを使っていたというだけの話なので、クラウドワークスにも当然応用できます

方法としてはいたってシンプルです。

以下、ご覧ください。

『いやいや、根性論?』と思うかもしれませんが、ライターという仕事は、

書けば書くほどお金になる

という仕事です。

単純な話、たくさん書けば書くほど収入は増えていきます。

当然、年数を積み重ねていけば単価も上がっていきますし、1/2の労働時間で2~3倍の収入というのもよくある話です。

しかし“初期の頃”は、実績もそこまでないと思います。

となると、書きまくるしかないのです。

逆に言えば、淡々と執筆できる人なら、サクッと30万円稼ぐことが可能

30万円も稼げれば普通に生活が送れますよね。

ちょっとした贅沢もできますし、1~2か月に1回、気晴らしに旅行にも行けそうです。

悩み人
もう少し具体的な方法を教えて!プロジェクトには100件も提案するの!?

という声も上がりそうなので、それぞれ分けてご紹介していきますね。

①ランサーズに登録

まずはランサーズに登録しましょう。

会員登録は完全無料です。

クラウドソーシングと言ったら、クラウドワークスかランサーズの二強ですね。

当たり前ですが、しっかりプロフィール文章は書いてくださいね

自分が何者なのか、どんな経歴があるのか、どんな仕事ができるのかは記載した方がいいです。

②単価高い案件のみ抽出

トップページ→仕事をさがす→ライティング・ネーミング→こだわり条件→「文字単価からさがす」をクリック。

【引用:ランサーズ

この単価は日によって変動しています。

案件が転がっている時は、5円以上の案件があったり。

見た感じ、ランサーズでは単価0.6円~1.5円あたりの案件が多いですね。

ここでいう「高単価」とは1.5円~5円ぐらいの案件が目安です。

というのも、単価0.6円程度で受注してしまうと、結構大変です。

2000文字の記事を書いて1200円ですから、月収30万円に到達させたい場合、1日9記事を執筆しないといけません。

しかも休み無しです。

単価2円ぐらいだと1日5000文字(1記事2000文字として2.5記事)書けば、月収で30万円に到達します。

休息日を入れるとしたら、1日2000文字の記事を3~4記事ですかね。

悩み人
初心者でも1円以上の案件に応募してOKなの?というか単価2円とか未知の世界・・・

大丈夫です。

初心者だろうが高単価案件は獲れます。

自分が何者なのか、どんな経歴があるのか、どんな仕事ができるのか。

そしてプロジェクト提案文には「どうしてこの案件に募集したのか」を情熱込めて書けば、全く問題なしです。

※プロジェクト提案文にはコピペは使わない方がいいです。もし使うとしても、クライアントが分からないように使ってください。

③プロジェクトに100件提案

悩み人
1日に100件も提案!?

違います。

1日8~10件の提案を10日間してみてください。

もちろん、高単価案件に絞り、ちゃんと抽出した状態で。

間違ってでも、「主婦大歓迎♪素人OK!単価0.2円~」というような地雷案件には応募しないでくださいね。

当たり前ですが、数多く提案すればそれだけ選ばれる確率が高まります。

『プロジェクトに提案しても全然選ばれないや~』という人は提案数が足らないことが多いです。

下手な鉄砲も数撃てば当たるということわざもありますが、クラウドソーシングでも十分通用しますよ。

④指がつるほど書きまくる

あとは選ばれたプロジェクトに対し、コミットすればいいだけの話です。

「指がつるほど書きまくる」は半分冗談ですが、書けば書くほどお金になるのがライターです。

目標の額に到達するよう、淡々と書いていきましょう。

1.5円~が好ましいですが、仮に1円だとしても、1日1万文字書けば30日間で30万円です。

そう思うと、意外と簡単だと思えませんか?

実績がないうちは、とにかく数をこなすのが近道なのです。

ランサーズで稼ぐには、才能やセンスも必要?

才能やセンスよりも、営業力

あとはやる気ですね。

まとめ

実際に私がやってきたことなので、ぜひ参考にしてみてください。

50万円、60万円、70万円、80万円、90万円、100万円と稼いでいくには、上記のやり方だとキツイです。(それは別途ご紹介します)

しかし、30万円なら意外とすぐに到達できますよ

シンプルな話だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

(追記)最後に

やがて軌道に乗り、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があったとしても、幸せになれない落とし穴とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です