中国人から学んだ、自分のポジションを勝ち取り、積極的に発信していくことの重要性

こんにちは、Kです。

ツイッターやブログなどで発信活動をしている人の中には、自分の発信したいことがあっても、周りの目を気にしてしまって発信できないという方も多くいるでしょう。

僕は物販事業もやっていまして、その視察として先日中国に行ったのですが、そこで中国人の生態を目の当たりにしました。

今回は、周りの目を気にして発信できない方に向けて、「中国人から学んだ、自分のポジションを勝ち取り、積極的に発信していくことの重要性」についてお話ししようと思います。

※追記:中国を否定するつもりは一切ありません。また、物販事業は現在お休み中。

ポジションを勝ち取り、積極的に発信していくべき

結論からお伝えしますと、「ポジションを勝ち取り、積極的に発信していくべき」です。

ただ、頭では分かっていると思います。なので、周りの目を気にして行動するデメリットについて話していきます。

  1. 自分のしたいことができなくなってしまう
  2. 埋もれてしまう

この2つを具体的に見ていきましょう。

自分のしたいことができなくなってしまう

先日の中国でのお話をします。

中国人は、良くも悪くも人の目を気にしない「自分主義」の人種だと感じました。

店員さんは平気でスマホをいじってるし、電車に乗っていても目の前に座っている人が平気で鼻をほじったりします。

日本でこのような光景を目にするのはほとんどないでしょう。

また、これは僕が中国視察の際に、現地のセブンイレブンのレジで自分の番を並んで待っていた時のこと。

僕の前に4、5人の中国人が割り込んできたのです。

これは僕が日本人だからか、中国人同士でも起こりえることなのかは定かではありませんが、至極自然と割り込まれてしまいました。

その時は違和感を感じたのですが、実はこれと同じ経験を大学時代にも経験していました。

その時は日本のバス停でしたが、中国人が平気で割り込みをしてきたのです。

これらのことから、あくまで他人のことは考えず、自分のことを優先するという姿勢は国民性としてあるのだろうと感じました。

それと同時に、割り込まれた時に自己主張をしなければ、どんどん自分の番は遠ざかってしまうのだと痛感したのです。

埋もれてしまう

中国視察の際に同行していた中国に詳しい方がおっしゃってたのですが、「中国人は自分を前のめりに出さないと、その他大勢に負けてしまう」とのこと。

中国の人口は現在13億8600万人。

日本は1億2680万人なので約11倍となっています。

ただでさえ人数が日本の11倍と多いので、自己主張が強くなければ埋もれてしまう。

学校のクラスで例えると、日本で30人程度のクラスだったとしても、中国ではその11倍の330人のクラスということになります。

それでは自己主張が強くなければ、クラスの先生にも覚えてもらえませんし、ましてやクラスメイトにも覚えてもらうことは難しいでしょう。

そのような環境で育ってきたからこそ、中国人は自己主張が強く、自分本位で行動するのだろうと感じられました。

人を大切にするのも大事。でも・・・

一方で日本人は、他人を尊重しすぎる傾向が強いと感じます。

思いやり、気遣い、他人優先、親切心など。

確かにこれも日本人の良さだと思います。

海外の人からはよく「日本人すごい」と言われますが、自分がやりたいことに関しては、別の考え方をした方がいいです。

そうしなければその他大勢に埋もれてしまい、自分のしたいこともできなくなります。

これは日常生活でも、発信活動でも同じこと。

発信活動を行う時は、自分のターゲットに対してどんどん発信していく。

自分のやりたいように発信していくのがいいですし、他人の目で行動を制限されてしまうより全然いいと思います。

なのであなたも、自分の思うように、自分の言葉で伝えたい想いを発信するようにしてみてください。

(追記)最後に

やがて軌道に乗り、僕はWebビジネスである程度のお金と時間を手にしましたが、「あまり幸せじゃないな」ということに途中で気付きました。

一体なぜか?自動収入があるのに、幸せになれない理由とは?

収入と幸福度を上げるメール講座内で、その答えを書いています。

『SNSで幸せを掴む五箇条』という特典付きなので、今のうちにぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です