Clef Doll 復活第1弾Sg Re:demarrageが各種配信ストアにて配信開始!「サイカイ」の歌を届けよう

——————<※コチラの記事は企業案件です※>———————

今回、「物語創作音楽集団」である音楽グループ ”Clef Doll” が約4年ぶりに復活シングルをiTunes始めとした各種配信サイトで配信開始しました!

新しい曲のテーマは「サイカイ」

何故テーマである「サイカイ」がカタカナなのか。
また、新曲はどのような曲なのか。

新曲それぞれのイメージや今回のシングルに込めた思いなどをまとめました!

興味がある方はぜひご一読ください。

Clef Doll 復活第1弾Sg Re:demarrageが各種配信ストアにて配信開始!

Clef Doll 復活第1弾Sg Re:demarrageが各種配信ストアにて配信開始されました。

このシングルには全部で3曲、ボーナストラックを含めると全部で5種類の楽曲が詰まっています。

約4年ぶりのシングルということでテーマやコンセプトにもこだわっており、かなり高クオリティな楽曲になっています!

実際に聞かせていただきましたが、アップテンポが主体という感じでかなり聴き心地が良かったです。

これまでClef Dollさんのことを知らなかった僕でも「かなり引き込まれる曲だな」と感じたので、すごくオススメです!

ぜひ聞いてみてください。

Clef Dollのコンセプトは「物語創作音楽集団」

Clef Dollのコンセプトは「物語創作音楽集団」です。

Shionさんはブログで小説を書かれており、そういった物語を音楽にも掛け合わしています。

光も闇も生も死も超越した、「人間とは?」をテーマにしており、Shionさん・Clef Dollならではの世界観が繰り広げられているんです!

自分たちの音楽活動そのものを物語にし、「誰かに何かを伝える」ということを大切にしています。

今回のテーマである「サイカイ」がカタカナの理由は?

今回のシングルのテーマである「サイカイ」

普通の人が「再開」や「再会」などといった感じを思いつきそうですが、今回 Clef Dollさんはあえて「サイカイ」という表記にしたそうです。

その理由をご本人に聞いてみました。

「サイカイ」には、「再開」や「再会」といった沢山の意味が含まれています。
単純に私たちバンドの再開もありますし、ファンの皆さんとの再会、メンバー同士の再会や音楽そのものとの再会という意味もある。一つの意味には捉えられたくないというのが理由です。

なるほど!といった感じの理由でしたね。

確かに4年ぶりのシングルということもあり、ファンの皆さんとの「再会」バンド活動の「再開」など、かなり今回のシングルにしっくりくる言葉だと思います。

今回のシングルのテーマである「サイカイ」

Clef Dollにとって、そしてファンの方々にとって非常に重要な意味を持つシングルになりそうですね。

Clef Dollの大きなテーマ「人間とは?」の意味

Clef Dollはコンセプトとして大きな物語があり、各曲はその派生の物語になっています。

今回のシングルに関しては「自分たちの物語」というか、Clef Dollというバンドそのものを外から見た様子を描いていますが、

基本的には「幻想を通して現実を視る」がテーマとなっており、その幻想の中にはクリーチャーやファンタジックな要素も含まれています。

クリーチャーなどを通して、異形の痛みや悲しみを描き、そこから視える人間の愚かさや美しさを描きたい

こういった思いで楽曲を制作されています。

結成が2012年、あの東日本大震災の直後であったことも大いに関係していて「誰かに何かを伝える」ということを何より大切にしているそうです。

新曲は3曲!それぞれの曲調や感想を紹介

今回発表されたシングルは全部で3曲、ボーナストラックを含めると全部で5種類の楽曲が盛り込まれています!

01.白亜の物語
02.薄紅の花
03.Jurement-待ってる-
Bonus Track Jurement-君が待ってる-
Bonus Track Jurement-君を待ってる-

1つずつ、僕自身の感想も交えながらご紹介していきます。

01.白亜の物語

かなりアップテンポな曲調になっていて、どこかゲームやファンタジックな要素を感じます。

聞いていてテンションが上がる感じです。

歌詞も聞き取りやすく、僕的にはタイトルとも会っている曲だなと感じました!

02.薄紅の花

こちらもアップテンポと言えばそうなのですが、白亜の物語とは違い少し落ち着いた雰囲気を感じます。

こちらの方が日本っぽくて、鋭い声です。

トラックはどちらも好きなのですが、個人的にはこちらの曲の方が好みでした。

03.Jurement-待ってる-

こちらの曲もかなりアップテンポな曲調でした。

タイトルである「待ってる」からは想像できない力強い歌詞で、聞き入ってしまいました。

個人的には新曲3曲の中で一番好きな曲です!

Bonus Track Jurement-君が待ってる-とJurement-君を待ってる-

1つ上でご紹介した『Jurement-待ってる-』はデュエット曲だったのですが、それをソロバージョンにした曲になっています。

同じ曲調でにもかかわらず、声が変わるだけで曲の印象がかなり変わりました。

ボーナストラックを含めた3曲をぜひ聴き比べてみてほしいです!

まとめ

本記事ではClef Doll さんの4年ぶり復活シングル「Re:demarrage」についてご紹介してきました。

今回の新曲だけでなく、公式ブログやShionさんのブログもあるそうなのでそちらもあわせてご覧ください!

そして新曲は、iTunes始めとした各種配信サイトで配信されています!気になった方は以下のリンクからご購入下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です