会社(職場)の近くに住むのはデメリットばかりだった件

こんにちは、Kです。

僕はサラリーマン時代、一人暮らし用のマンションを選定するにあたって、とにかく「会社(職場)との距離」を重視していました。

もはや「会社(職場)からの距離」以外の要素を見ていなかったというぐらい。

理由は3つ。

①ギリギリまで寝れる

②通勤時間の短縮

③遅くまで仕事しても終電を気にしなくていい

今思えば、「定時を飛び越えて遅くまで仕事する前提」だったのでアレですが…(ブラック企業)

とにかく、「メリットしかないだろ」と思い込み、会社(職場)から徒歩7分の場所に佇む、割とキレイなマンションを契約。

場所は埼玉で、家賃は激安の5〜6万円ぐらいでした。

実際、会社(職場)との距離は近いので、朝はギリッギリまで寝れましたし、寝坊した時も「2分でスーツに着替え+チャリ全速力で3分=計5分」の出勤をかましたりと、便利は便利でした。

終電も気にしなくていいので24時近くまで仕事ができたし、早歩きで帰れば5分で家に着くし。

そんな生活を数年送り、ある答えに行き着いたのです・・・

『いや、これ逆に非効率?』

どういうことか?

自分が感じたデメリットを実体験と交えながら紹介します。

※現在は通勤時間0分

オンオフの切り替えが全くできない

仕事が好きならいいけど、当時の私はそこまで仕事が好きじゃなかったんです。

よって、仕事が終わった瞬間に気分を切り替え、「早く帰ってカシスオレンジでも飲もう☆」という感じでした。

それなのに、家までの距離が近すぎるゆえに、なんだか頭が切り替わらない。

完全に仕事モードのままなのです。

スーツを着たままベッドの上に座り、カバンからプレゼン資料や提案資料を取り出してチェック。

iPadを取り出して、仕事の漏れがないかチェック。

気がついたら1時間経過・・・

なんてことが2日に1回ぐらいありました。

会社(職場)で全て終わらせればいいものを、「近いからいいや」という謎の理由で持ち帰ってしまうんですよね。

結果、非効率的です。

決められた時間内で終わらせずに、ダラダラとやる癖がついていたんだと思います。

緊急の仕事で気軽に呼ばれる

「彼は近くに住んでるし、呼べばすぐに来てくれるだろう」ということで、緊急の仕事や相談がよく舞い込みました。

唐揚げ弁当を食べながらカシスオレンジを飲んでいた時に、急に呼ばれたことも・・・

「すみません。今休んでるので」と言えば済む話なのですが、一番近くに住んでいる私が断るのもなぁという謎の発想が生まれます。

「一番近くのお前が行くべきでしょ」みたいな雰囲気、分かりませんか?

ただ休日の呼び出しは1回もなかったと思います。ありがたや。

飲み会の誘いが多い

終電とか関係ないですし、飲み会の誘いが多かった。別に飲み会は嫌いじゃないんですが、上司の悪口を言う系の愚痴飲み会は大嫌いでした。

だって生産性がないもの・・・

結局、「まぁ色々あるけどさ、頑張ろうぜ!」で話が収束するのは目に見えていますし、そもそも、愚痴を言ったところで世界は変わりません。

そんな生産性皆無の飲み会によく誘われ、断る度に「近いからいいじゃん」「終電ないのに?ノリ悪い」と言われました。

まぁ付き合いもあるのでたまに参加しましたが。

飲み会→「泊まり行っていい?」の流れ

さすが the・体育会系の会社(職場)。

終電近くになり帰るのが怠くなると、「泊まり行っていい?」と何度も言われてましたね。

何回か泊まらせてあげたのですが、もう本当に時間の無駄でした(泣)

「友情関係を効率とか非効率とかで判断するな」と言われそうですが、彼らは「同期」であり友達ではありません。

冷たい言い方ですが、私としては最低限の付き合いができてれば良かった。

幼馴染など、効率とか非効率とかの概念を越えていつまでも語り合える友達は別にいます。

ということもあり、結構嫌でした。

でも実際に終電を逃したりしていたので、「そこら辺に野宿しろ」なんて言えず。

「しょうがないなぁ」と笑って言い、快く泊めてあげたのです。

周辺にコンビニしかなかった

これは完全に自分が悪いのですが、「距離」を重視するあまり、周辺の環境をあまり考えていなかったんです。

駅まではまぁまぁ近いですが、飲食店やスーパーなど皆無。

結果、「退勤→早歩き→コンビニ→家」のコースが9割。

吉野家とかファミレスとか、そういう系のお店が皆無で、唯一、バーが近くにありました。

1回だけそのバーに行ったのですが、バー内に置いてある『重力ピエロ(伊坂幸太郎著)』という本を見つけ「これ好きです!」とマスターに話を振ったらガン無視されたのがいい思い出。

まとめ

会社(職場)の近くに住むと、もちろんメリットもありますが、意外とデメリットもあります。

それぞれを総合的に加味した上で選んだ方がいいでしょう。

今の私なら、「一駅挟んだ場所」に住みます。間違いなく。

あとは周辺にある飲食店やコンビニなどもよくチェックしときましょう。

※現在は通勤時間0分

自分の商品を持ち、資本主義社会で勝ち抜こう

僕はブラック企業を2年で辞めて独立し、ビジネスど素人から月収7桁を達成しました。

最初は全く稼げずに辛い日々でしたが、今はブログとコンテンツビジネスを軸に、会社員時代の10倍以上の額を稼ぎつつ、時間と場所に縛られない人生を送っています。

人はどんな状態からでも、何歳からでも変われるはずです。

元いじめられっ子のこんな僕でも、正しい方向に向かって努力を積み重ねた結果、今があります。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、ぜひ僕のメルマガを読んでください。

  • 将来が不安な会社員
  • 収入が安定しないフリーランス
  • 労働収入で消費している人
  • 半自動〜自動で稼いでみたい人
  • 自分の商品を持っていない人
  • 僕が日々どんな生活をしているか知りたい人
  • お金と時間を手にし、愛する人と素敵な人生を送りたい人

 

今なら6つの特典が格納された限定サイトGIFT BOXをプレゼント!

『GIFT BOX』の中身

【電子書籍】

Twitterマネタイズ大全~運用3か月で利益100万円を出した全軌跡~

(過去に2,980円で販売/50ページのレポート)

【オンラインセミナー動画】

・多くの人が稼げない簡単な理由と稼ぐ方法3

・資産性×継続性のあるビジネスを選ぶ理由5    

1年間で知識に100万以上投資した驚きの結果

・超短期間で圧倒的な結果を出す3つのステップ

・この資本主義社会で能動的な自由を獲得する1つの方法

僕のメルマガでは、これらの特典だけでなく、戦略・手法・ビジネス・コンテンツ・マーケティング・マインドなど、核心をついた情報を日々配信中。

思考レベルでの成長をお約束します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です