会社員かフリーランスか。おすすめはどっち?【隣の芝生は青く見える】

こんにちは、Kです。

今回は、会社員かフリーランス、どっちがおすすめ?について話していきたいと思います。

結論から言うと、「どちらでもいい(個人差あり)」です。

そして隣の芝生は青く見えるのが人生ですね。

フリーランスに憧れていた会社員時代

毎日7時前に起き、寝ぼけながら洗顔、スーツに着替えて「今日も会社か〜行きたくないな〜」なんて思いながら出社。

上司に怒られ、お客様先で叱られ、終電間際まで働いて、翌日も出社。この繰り返し。

「自由に生きているフリーランスはいいな」

「スーツから卒業したいな」

「平日の昼間からスタバでMacBookをカタカタしている人達、一体何をしているんだろう・・・(羨ましい)」

とこんな感じで、毎日思っていたわけです。

憧れ。嫉妬。

「ないものねだり」と言いますが、営業マンとしてバリバリ働いていた頃、フリーランスになりたくてしょうがなかった。

それは逃げでもあります。暑い中、スーツを身にまとって営業に出かける毎日に嫌気が差していました。

フリーランスになってから、スーツが恋しくなる

あれだけスーツが嫌いだったのに、いざフリーランスになってみると、スーツが恋しくなってきます。

会社員時代の10倍〜の月収を稼ぎ出してもなお、「フレンドリーで色々チャレンジできる会社もいいな〜」と思うわけです。

戻りたいか?と言われると分かりません。基本的に社会不適合者なので、正社員としてはもう無理かも。

でも、ちょっと楽しそうに見える時もあるんですよね。華金とか、もう無縁になっちゃいましたし。

隣の芝生は青く見えるので、自分の心の声に正直に

結局、隣の芝生は青く見える。

会社員時代はフリーランスに憧れていたし、フリーランスになってからは会社員もいいな〜なんて思っている自分がいる。

仮に、僕がまた会社員になったとしましょう。

そしたら「やっぱりフリーランスがいい…自由に生きたいな」と思うに決まっています。ないものねだり。これが人生です。

ということで「会社員かフリーランスか。おすすめはどっち?」と聞かれても、その人次第なんですよね。

「どちらでもいい(個人差あり)」わけです。自分の軸に合わせて決めれば?という。

ちなみに僕の軸としては、『時間と場所に縛られたくない』『好きな人と好きな場所で好きな仕事をしていたい』です。

この軸がマッチするのはやはりフリーランスなのかな?と思います。だから心の声に正直に生きていくのみ。

税金の関係とかもあるので、今年中に法人化する予定。

みなさんも、隣の芝生が青く見えるからといって、すぐに乗り移ったりするのではなく、しっかり自分の軸と心の声に向き合って生きてくださいね。

自分の商品を持ち、資本主義社会で勝ち抜こう

僕はブラック企業を2年で辞めて独立し、ビジネスど素人から月収7桁を達成しました。

最初は全く稼げずに辛い日々でしたが、今はブログとコンテンツビジネスを軸に、会社員時代の10倍以上の額を稼ぎつつ、時間と場所に縛られない人生を送っています。

人はどんな状態からでも、何歳からでも変われるはずです。

元いじめられっ子のこんな僕でも、正しい方向に向かって努力を積み重ねた結果、今があります。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、ぜひ僕のメルマガを読んでください。

  • 将来が不安な会社員
  • 収入が安定しないフリーランス
  • 労働収入で消費している人
  • 半自動〜自動で稼いでみたい人
  • 自分の商品を持っていない人
  • 僕が日々どんな生活をしているか知りたい人
  • お金と時間を手にし、愛する人と素敵な人生を送りたい人

 

今なら6つの特典が格納された限定サイトGIFT BOXをプレゼント!

『GIFT BOX』の中身

【電子書籍】

Twitterマネタイズ大全~運用3か月で利益100万円を出した全軌跡~

(過去に2,980円で販売/50ページのレポート)

【オンラインセミナー動画】

・多くの人が稼げない簡単な理由と稼ぐ方法3

・資産性×継続性のあるビジネスを選ぶ理由5    

1年間で知識に100万以上投資した驚きの結果

・超短期間で圧倒的な結果を出す3つのステップ

・この資本主義社会で能動的な自由を獲得する1つの方法

僕のメルマガでは、これらの特典だけでなく、戦略・手法・ビジネス・コンテンツ・マーケティング・マインドなど、核心をついた情報を日々配信中。

思考レベルでの成長をお約束します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です